トップ>最新医療機器

最新医療機器

放射線治療装置トモセラピー

放射線治療装置トモセラピー

合併症(皮膚障害など)を徹底的に抑え、放射線治療をより効果的に行うことが可能になりました。

従来の放射線治療に比べ、非常に精度良く病変部のみに放射線を照射することが可能になりました。照射を行ってはならない場所、例えば"腫瘍周囲の正常部分"への照射を最小限に食い止めることにより、副作用を徹底的に抑えることが可能になり、そのため病変部に十分な照射を行うことができ、高い治療効果が期待できます。

くわしくはこちら

320列マルチスライスCT

320列マルチスライスCT

精密検査をわずか0.35秒で行います。

"早く"なおかつ"高精細"の画像を得ることができます。 従来のCTより、広範囲(160mm)を1回転で撮影。心臓、脳全体を、他の装置では絶対に行えない、1回転(0.35秒)で撮影します。

くわしくはこちら

3.0テスラMRI

3.0テスラMRI

組織の組成(どんな成分でできているのか?)を知ることが可能となり、診断精度が高く求められる精密検査を通常検査として行うことができます。

頭部はもちろん、腹部や循環器領域を含む全身領域において、通常検査で"高精細"画像を得ることが可能になりました。また、腫瘍組織の組成を把握することにより、"良性""悪性"を判断する重要な情報を得ることが可能となりました。

くわしくはこちら

小線源治療装置【RALS】

小線源治療装置【RALS】

子宮がんの最新放射線治療

RALS(小線源治療:以下RALSと表記)は悪性腫瘍に対する放射線治療の一つです。放射線を放出する小さな粒〔線源〕を様々な器具を用いて腫瘍のそばに一定時間おいて、放射線を照射します。
この治療には次のような特徴があります。まず、腫瘍のごく近くから放射線を当てるため、大量の放射線を照射することが可能となり、効果的に腫瘍細胞を死滅させることができます。一方では、放射線が遠くに広がらないので、周囲の正常組織の被ばくは最小限に抑え、副作用を軽減することができます。

くわしくはこちら

前立腺肥大症に対する最新レーザー治療

前立腺肥大症に対する最新レーザー治療

前立腺肥大症に対する最新式のレーザー手術(PVP)

これまで前立腺肥大症は、主に薬による治療または手術療法(開腹手術や内視鏡を用いて尿道から電気メスを挿入して行う経尿道的前立腺切除術)によって治療されてきました。しかし現在では、特殊なグリーンレーザー装置を用いた低侵襲な手術法が可能になっています。
当院では最新グリーンレーザー機器を導入し患者さんに負担の少ない治療を開始します。(保険適用です。)
この手術方法は、今までの電気メスを用いた手術に比べると、出血や合併症が起こる可能性が少なく、入院期間も短くなります。(約5日)
また、今まで手術を受けることができなかった、血液を固まりにくくするお薬(抗凝固剤、抗血小板剤など)を服用中の方でも、手術が受けられます。

くわしくはこちら

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら