トップ>受診される方へ>診療科のご案内>腫瘍外科

腫瘍外科

腫瘍外科

 近年著明に増加しているがん患者様に地元でも十分な治療ができるように心がけております。通常の各領域での標準的手術に加え、手術のみでは根治が困難な例に対しては、薬物療法・放射線療法と組み合わせ治癒を目指しております。残念ながら再発・転移を来してしまった場合も、これまでの主治医が薬物療法から緩和ケアまで引き続き治療を行います。
薬物療法としては乳癌における術後補助化学療法の他、進行再発消化器癌全般、進行再発肺癌などを対象に、分子標的治療薬も含めた再診の薬物療法を行っております。
放射線腫瘍科と協力の上、食道癌、直腸癌、肺癌、乳癌と言った様々な癌腫において、化学放射線療法および放射線単独療法を行っております。
 また、患者様の全身状態、合併症を考慮して最適な治療を選択しており、近年増加している透析中の患者様や、心疾患を合併した患者様であっても治療方法の工夫によりできる限りの治療を行っております。
 そのほか比較的頻度の少ない原発不明がん、神経内分泌腫瘍、浸潤性胸腺腫・胸腺癌などの治療も可能です。緩和的治療につきましては別項をご参照ください。

腫瘍外科外来:火曜日14:00~16:00 担当:下山
       土曜日 9:30〜11:00 担当:下山

外科へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら