トップ>受診される方へ>診療科のご案内>産婦人科

産婦人科

井上 裕美

千葉大学
副院長、産婦人科部長
日本産科婦人科学会指導医・専門医、母体保護法指定医師、日本産婦人科内視鏡学会理事、
日本救急医学会認定医および専門医、日本不妊学会、日本婦人科腫瘍学会指導医、
神奈川日本産婦人科内視鏡研究会世話人、日本産婦人科手術懇話会世話人、
FIUTS & PF Meeting 世話人、日本女性骨盤底医学会幹事、日本泌尿器科学会会員、
日本内視鏡外科学会技術認定医、日本骨盤臓器脱手術学会

お産は自然分娩が中心です。「本来お産は病気ではない、人間の生理的な営みの一つ」であるという根本的な考え方がそこに存在しているからです。もちろん安全なお産がまず前提となり、妊婦さんとその家族の皆さんに満足していただける、納得していただけるそして心あたたまるお産が目標です。
そのためにお産する人々が主体的に振る舞うことができ、緊張せず、いろいろな希望がかなえられるような環境作りが行われています。お産中は妊婦さんが好きな様々な体位(フリースタイルと呼ばれる)がとられ、家族は陣痛開始から分娩まで妊婦さんの傍にいて、ずっと励ますことができます。
今後の日本のお産のあり方の新たな一歩が今この鎌倉で始まっています。婦人科は様々な腹腔鏡下手術、子宮筋腫における子宮動脈塞栓術を含む選択できる治療、婦人泌尿器領域での性器脱や尿失禁などで苦しむ人々への保存的医療から低侵襲性の〈メッシュを使ったTFSと呼ばれる手術〉手術療法、そして婦人科の悪性腫瘍に対しても積極的に取り組んでいます。これらの分野にもいつも患者さんの気持ちをくみながら、疾病に対する新たな挑戦を行っています。

運営ブログ・サイト

[Join] 産婦人科 求人特設サイト

実績

2016年の分娩数は783件(本院613件、湘南鎌倉バースクリニック170件)、そのうち帝王切開は115件(14.7%)でした。前回帝王切開経腟分娩は35件で、子宮破裂等の合併症はありませんでした。会陰切開は13件でした。婦人科手術は合計627件、うち腹腔鏡下手術が298件、子宮鏡下手術が73件(MEA7件含む)、癌の手術が63件(腹腔鏡下体癌12手術含む)、TFS(骨盤臓器脱のメッシュ手術)が37件、SSLF(骨盤臓器脱の非メッシュ手術)が9件でした。(2016年1月~2016年12月)

・日本産婦人科学会専攻医総合型指導施設認定
・日本婦人科腫瘍学会専門医制度規則指定修練施設認定
・日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設

診療内容

これだけ科学が進歩した現在でも、お産領域はいまだわからない事が多いのです。ですから基本的には妊婦さんからの声に耳を傾け、お産をする皆さんと一体となって今どんな助けが必要とされているかを少しでも早くキャッチし、皆さんのお役にたとうと思っています。助産婦外来を始めとして、お産の多くは助産師がサポートをしていますが、皆さんが持てる力をうまく出せるようなケアが目標です。もちろん異常事態には最新の医療を提供できるよういつも努力しています。
婦人科では、幅広く様々な疾患に対する取り組みがなされています。低侵襲性の腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術は、現在標準的手術になってしまいました。救急疾患にもこれらの技術は利用されており、手術室、麻酔科の協力のもと当直帯でも腹腔鏡下手術を行っています。また、悪性腫瘍に対しても腹腔鏡下手術は行われるようになり、子宮体癌に対する腹腔鏡下手術が、平成26年4月より保険診療に収載されました。当院でも平成26年の秋より行っています。子宮筋腫は子宮動脈塞栓術を含め、あらゆる治療法が選択できるよう心がけています。過多月経に対して子宮内膜アブレーション(MEA)も行っています。日帰り手術センターも上手に利用してほしいと思います。現在、円錐切除術や子宮鏡下手術、骨盤臓器脱の手術、腹腔鏡下手術の一部で日帰り手術を行っていますし、抗癌剤治療も多くの方が日帰りで治療を受けています。

特徴

お産のヒューマニゼーションは人類の願いでもあります。過去10年以上にわたる産科領域の見直しは世界的な流れで、その流れが日本でも早いうちに鎌倉でも始まりました。これからも「本来のお産」の追求が行われ続けるだろうと思います。
高齢社会になり子宮脱や尿漏れで悩む女性の割合が増えています。そのような方々への治療も進歩し、手術手技も低侵襲性になりつつあります。例えば尿失禁と性器脱手術〈メッシュを使ったTFSと呼ばれる手術〉は腹腔鏡下手術という世界的な大きな医療の改革の波がありましたが、今又メッシュを使用した様々な工夫された手技を利用する第2回目の医療の改革の波がおきています。これらの手術も日帰り又は短期間の入院で治療できる可能性がでてきており、皆様にとっては数年前と違ってかなり負担の少ない治療が行われるようになりました。

スタッフ

木幡 豊
宮崎大学
産婦人科部長
日本産科婦人科学会指導医・専門医、日本産婦人科内視鏡学会、医学博士

日下 剛
北海道大学
産婦人科部長
日本産科婦人科学会専門医、日本周産期学会、日本不妊学会、日本人類遺伝学会、
周産期学、医学博士

福田 貴則
慈恵医科大学
産婦人科部長
日本産科婦人科学会指導医・専門医、日本産科婦人科内視鏡学会認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医
周産期新生児学会、日本婦人科腫瘍学会、日本がん治療認定医、日本産婦人科手術学会

菱川 賢志
福井医科大学
産婦人科医長
日本産婦人科学会専門医、日本周産期新生児医学会専門医、日本超音波医学会
日本人類遺伝学会、日本不妊学会、日本産婦人科内視鏡学会

鵜沢 芳枝
北里大学
日本産科婦人科学会専門医

市田 知之
福島県立医科大学
日本産科婦人科学会専門医

久保 唯奈
佐賀大学
日本産科婦人科学会専門医

渡邉 零美
大阪医科大学
日本産科婦人科学会、日本内科学会

熊谷 歩
奈良県立医科大学
日本産科婦人科学会

大沼 一也
防衛医科大学
日本臨床細胞診学会専門医、日本産科婦人科学会専門医、日本女性医学学会、日本病理学会、産婦人科乳腺学会、母体保護法指定医、医学博士

相原 百合
岡山大学
日本産婦人科学会

青栁 遼
島根大学
日本産科婦人科学会

小川 真沙里
佐賀大学
日本産科婦人科学会

関口 由紀(非常勤)
山形大学
日本泌尿器科学会、医学博士

槍澤 ゆかり(非常勤)
岩手医科大学
日本産科婦人科学会専門医、日本思春期学会、医学博士

亀井 潤子(非常勤)
産業医科大学
日本産科婦人科学会専門医、医学博士

門間 美佳(非常勤)
山梨医科大学
日本産科婦人科学会専門医、日本糖尿病・妊娠学会
周産期新生児学会、日本不妊学会、日本産婦人科内視鏡学会

 

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら