トップ>受診される方へ>診療科のご案内>耳鼻いんこう科

耳鼻いんこう科

診療科紹介

当科では鼻・副鼻腔疾患を中心に頭頸部良性腫瘍疾患、耳疾患など適応のある患者さんに対し手術を行っています。
めまい、急性難聴、顔面神経麻痺、急性炎症などの疾患に対して適宜入院や通院での点滴加療を行っています。疾患や患者さんの既往症によっては、他科とも連携して加療を行っています。
当科では悪性疾患の治療は行っておらず、組織検査や画像精査で診断をさせて頂いた上で、癌専門病院や近隣大学病院へご紹介させて頂いています。

特徴

急性期疾患や手術、入院適応患者さんに対して適宜受け入れをし、加療を行っています。提携病院である東邦大学医療センター大森病院や近隣医療機関、近隣の先生方と連携を図り、湘南・鎌倉・逗子地域などの中核病院としての役割を担うことを目標に診察・加療を行ってまいりたいと思います。

診療内容

当科は常勤医1名、非常勤医師4名が交代で耳、鼻、のど、めまい疾患などを中心に耳鼻咽喉科全般の診察加療を行っています。

鼻副鼻腔疾患

主に慢性副鼻腔炎や好酸球性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症、鼻中隔弯曲症、アレルギー性鼻炎などの疾患を扱います。
慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症などの鼻副鼻腔疾患につきましては血液検査でのアレルギー検査やCT等で鼻内精査を行い、加療を行っています。
厚生労働省より2015年に難病指定を受けた好酸球性副鼻腔炎の精査や加療も行っています。
アレルギー性鼻炎に対しては、舌下免疫療法を行っています。
嗅覚障害は画像精査や静脈性嗅覚検査、今後導入予定の基準嗅覚検査を行い、嗅覚障害の原因を突きとめ、加療しています。
手術加療も随時行っています。STORZ社製の内視鏡、ナビゲーションシステムを新たに導入し、難治性前頭洞炎や副鼻腔嚢胞、術後性頬部嚢胞、副鼻腔乳頭腫、慢性涙嚢炎(涙嚢鼻腔吻合術)などの疾患に対しより安全に手術が行えるようになりました。
外傷による眼窩底骨折や眼窩内側骨折に対しても手術を行っています。
難治症例の場合は提携病院でもある東邦大学医療センター大森病院 和田 弘太教授を招聘し、行っています。

中内耳疾患

主に突発性難聴、耳鳴症などの内耳疾患、滲出性中耳炎、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎、耳硬化症などの中内耳疾患を扱います。
真珠腫性中耳炎や慢性中耳炎、耳硬化症など中耳疾患は画像精査などを行い、必要に応じて手術加療を行っています。
難聴や耳鳴、耳閉感などの症状について聴力検査や耳鳴検査などを行い、診断加療を行っています。突発性難聴の場合は入院、外来での通院点滴加療を行っています。高度難聴やめまいを伴っている場合は入院加療をお勧めしています。
検査の結果、加齢性難聴と診断された場合は必要に応じて補聴器をお勧めしています。毎週火曜日、木曜日に補聴器外来(完全予約制)を行っており、補聴器専門店と連携して補聴器の試聴、相談、フィッティングを行っています。

咽喉頭、口腔疾患

主に急性扁桃炎、喉頭浮腫、急性喉頭蓋炎などの急性疾患や声帯ポリープやポリープ様声帯、声帯結節などの疾患を扱います。
急性扁桃炎や扁桃周囲膿瘍、喉頭浮腫、急性喉頭蓋炎などの急性期疾患の場合は患者さんの状況や所見により、外来通院、入院での点滴加療を行っています。慢性扁桃炎に対しては手術を随時行っています。
声帯ポリープや声帯結節、ポリープ様声帯などの喉頭疾患に対しては保存的な加療を行い、改善が困難な場合は手術をお勧めしています。

めまい疾患、顔面神経領域疾患

主に良性発作性頭位めまい症や前庭神経炎、突発性難聴に随伴しためまいや顔面神経麻痺に随伴しためまい(ラムゼイハント症候群)等を扱います。
めまい、平衡機能障害では新たに導入した赤外線CCDカメラやMRI、平衡機能検査を随時行い、診断した上でリハビリを指導し加療しています。
顔面神経麻痺では耳小骨筋反射検査で麻痺の程度や障害部位を精査し、内服加療ないしは外来通院、入院で点滴加療を行っています。筋電図検査での予後の診断も行っています。顔面神経麻痺にはめまいや難聴を伴う場合があり(ラムゼイハント症候群)、入院加療が望ましいと判断した場合は随時入院での加療を行っています。

頭頸部腫瘍疾患

耳下腺や顎下腺などの唾液腺良性腫瘍や悪性腫瘍の頸部リンパ節転移、喉頭癌、咽頭癌、副鼻腔癌、悪性リンパ腫などを扱います。
良性腫瘍性疾患の場合、細胞診や組織診、画像精査等を行い、手術加療が必要と診断した場合は適宜当科で手術を行っています。
咽頭癌、咽頭癌、副鼻腔癌、原発不明癌などの頭頸部悪性腫瘍疾患につきましては、患者さんと相談の上で癌専門病院や近隣の大学病院を紹介させて頂いています。悪性リンパ腫は当院血液内科にご紹介させて頂いています。

診察日

当科の受付開始時刻は7時30分から、外来診療時間は9時から11時までとなっております。水曜日のみ午後の外来診療も行っており、午後12時30分受付開始、診療時間は13時30分から16時までとなっています。また、木曜日は完全予約制となります。
木曜日以外は予約制をとっておらず、受付順で診察を行っています。木曜は完全予約制となっておりますが、緊急疾患や紹介状をお持ちの患者さんは予約に関係なく随時受付を致します。時間外にご紹介頂く近隣の先生方には大変恐縮でございますが、その際は当院耳鼻いんこう科までご一報を頂けたら幸いです。金曜日は手術日の為、休診となります。
緊急性疾患につきましては救急総合診療科とも連携し、随時受け入れを行います。

学会など、医師の都合により予告なく変更となる場合がございます。患者さんにおかれましてはご希望医師を受診される場合は事前に必ずご確認の上で、ご来院して頂けますようお願い申し上げます。

スタッフ

長舩 大士 
 東海大学卒
 日本耳鼻咽喉科専門医、暫定指導医
 日本耳鼻臨床学会、日本口腔咽頭科学会、日本耳科学会、日本鼻科学会
 日本アレルギー学会、日本頭頸部学会
 専門:鼻副鼻腔疾患、頭頸部等の嚢胞性疾患、OK-432硬化療法

井田 祐太郎(非常勤)
 東邦大学卒
 日本耳鼻咽喉科専門医、暫定指導医、補聴器相談医
 東邦大学医療センター大森病院 耳鼻咽喉科 助教
 専門:めまい、平衡障害

井上 彰子(非常勤)
 東邦大学卒
 東邦大学医療センター大森病院 耳鼻咽喉科
 専門:耳鼻咽喉科一般

山田 由貴(非常勤)
 愛知医科大学卒
 東邦大学医療センター大森病院 耳鼻咽喉科
 専門:耳鼻咽喉科一般

野坂 瞳(非常勤)
 東京医科大学卒
 東邦大学医療センター大森病院 耳鼻咽喉科
 専門:耳鼻咽喉科一般

枝松 秀雄(非常勤)
 東京医科歯科大学卒
 日本耳鼻咽喉科学会専門医、指導医
 東邦大学医療センター大森病院 耳鼻咽喉科 前教授
 専門:中内耳疾患、聴覚疾患

・和田 弘太(非常勤) 
 東京慈恵会医科大学卒
 日本耳鼻咽喉科学会専門医、指導医
 東邦大学医療センター大森病院 耳鼻咽喉科 教授
 専門:鼻副鼻腔疾患、アレルギー、鼻副鼻腔手術

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら