トップ>受診される方へ>診療科のご案内>形成外科・美容外科

形成外科・美容外科

形成外科・美容外科の概要

形成外科・美容外科は体表面と体表に近い体の異常を治療する外科の一分野であり、その治療範囲は皮膚や皮下・軟部組織ばかりでなく、一部の骨組織にも及びます。形成外科・美容外科の治療対象には、生まれつきの異常や変形、けが(外傷)・やけど(熱傷)、皮膚・皮下・軟部組織の腫瘤・腫瘍、ほくろ、あざ、足壊疽・床ずれ(褥瘡)、外傷後の変形や傷跡(瘢痕)、手術後の体の変形、美容外科が含まれます。当科では開設以来、これらの全てに対する治療を行ない、患者さんが満足され生活の質が高まるよう努めて参りました。
また当科は日本形成外科学会から認定された教育施設でもあり、若い形成外科医の教育や、当科で行っている新しい治療法とその成果についての学会・論文発表を行なっております。
形成外科・美容外科外来の初診受付は毎週月曜日から金曜日までです。土曜日は急患の診療のみ行なっております。外来の受付時間と担当医につきましてはこちらをご参照下さい。

形成外科・美容外科の治療

当科で行っている形成外科・美容外科治療の内容につきまして、少し詳しく紹介させて頂きます。

A 生まれつきの異常(先天異常)

当科では口唇口蓋裂、耳の変形、瞼の異常、手足の変形、胸腹部・外陰の異常などの治療を行っております。手術時期は異常の部位と内容により異なりますが、早いものでは生後3ヶ月から行います。成長後や成人後にも残る変形に対する形成手術も行っております。

B 外傷・熱傷

当科では体表面の全ての挫創や熱傷の治療と、顔面や手指の骨折の整復手術を行っております。その際、傷跡が出来るだけきれいに治るよう努めております。熱傷に対しては、痛みの少ない創の被覆と皮膚再生を促進する外用薬とを併用した治療を行っております。

C 皮膚・皮下・軟部組織の腫瘍

腫瘍には良性の腫瘍と悪性腫瘍とがあり、それぞれに対して適切な対応が必要です。良性腫瘍では切除手術の他、レーザー治療や凍結療法も行なっております。悪性腫瘍に対しましては、充分な切除と適切な再建手術を行なっております。腫瘍の種類によりましては抗がん剤投与や放射線照射と組み合わせた治療を行ないます。

D ほくろ(黒子)

黒子の様な腫瘤には、純粋な黒子、黒子に似た良性腫瘍、黒子に似た悪性腫瘍があります。通常は拡大鏡を用いた外来診察で診断が出来ます。純粋な黒子や黒子様の良性腫瘍は、切除手術、レーザー治療、凍結療法などで比較的容易に切除可能です。黒子に似た悪性腫瘍には皮膚・皮下・軟部組織の悪性腫瘍と同様の治療を行ないます。

E あざ(血管腫、母斑、色素班)

当科ではさまざまなタイプの赤あざ(血管腫)、異所性蒙古斑・青色母斑・扁平母斑・太田母斑等の色素班に対してレーザーを主とした治療を行っております。レーザーの診療日や診療内容の詳細につきましては形成外科・美容外科外来にお問い合わせ下さい。

F 足壊疽・褥瘡

かつては治らない傷、治りづらい傷といえば褥瘡が代表的なものでした。しかし近年では高齢化や糖尿病の増加により、「下肢・足部潰瘍、足壊疽」が治らない傷の筆頭に挙げられるようになりました。そして今日、我が国で行われている大腿部や膝下部での下肢大切断の原因の多くは、下肢・足部潰瘍、足壊疽の悪化によるものです。こうした大切断を回避するために、当科では循環器科、腎臓内科、フット外来と連携して、足壊疽の原因と病状に応じた最適の治療を提供し、効果をあげております。実際の治療では、手術だけではなく、陰圧閉鎖療法、増殖因子療法、降圧酸素療法等を積極的に取り入れて参りました。
一方体圧分散マットレスの普及やケアの進歩に伴い褥瘡の発症は減少して参りましたが、今なお手術を要する症例もみられます。手術法としては筋肉を犠牲にしないより安全な皮弁手術(血管穿通枝皮弁等)を多く行っております。

G きずあと・ひきつれ・体の変形(瘢痕・拘縮・組織欠損)

当科では外傷や熱傷後、手術後に残った瘢痕、ケロイド、拘縮に対する治療を行っております。また重度の外傷や癌の手術により失われた体の一部を再建する治療も行っております。特に当院は「乳がん切除後のエキスパンダー・インプラント手術」を健康保険で行なう学会認定施設であり、乳腺外科と連携して多くの乳房再建手術を行っております。

H 美容外科

当科では形成外科に加えて美容外科を標榜し、二重まぶた、しみとり、しわとりなどの治療を行っております。患者さんの状態によっては、瞼が開きづらい方の眼瞼下垂症手術や腋臭症(わきが)手術のように、健康保険で治療できる疾患もございます。対象となる疾患など、詳細につきましてはご来院の前に形成外科・美容外科外来にお問い合わせ下さい。

常勤スタッフ

高見 佳宏(部長)
日本形成外科学会専門医、日本皮膚科学会専門医、日本熱傷学会専門医
日本臨床皮膚外科学会専門医、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会責任医師
中国上海交通大学医学院客員教授、日本医科大学形成外科非常勤講師、医学博士

白壁 聖亜
日本形成外科学会専門医

野田 良博
日本医科大学形成外科派遣医師(助教)

非常勤スタッフ

遠山 哲彦
日本形成外科学会専門医

山崎 安晴
口腔外科. 東京医科歯科大学 臨床教授
北里大学医学部 准教授

松尾 由紀
日本形成外科学会専門医、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会責任医師

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら