トップ>受診される方へ>診療科のご案内>しみ・しわのお話

しみ・しわのお話

生光老化(ひかりろうか)って知っていますか?

女性の大敵、3S・1.SHIMI(シミ)2.SHIWA(シワ)3.SHIBOU(脂肪)。
お肌の大敵、3S・1.SHIMI(シミ)2.SHIWA(シワ)3.SOBAKASU(ソバカス)。
いつまでも若く、美しくいたいと、女性なら誰でもそう思っているはず・・・。


さて、みなさんは年をとるに従いシミ、シワが増えるのを自然の摂理だと思っていませんか?実は紫外線が大きく影響していることをご存じでしたか?顔や手の甲は常に日光にさらされていて、大量の紫外線を浴びています。紫外線は皮膚の表面にとどまらず、深いところにも達します。
皮膚は表皮とその下の真皮で構成されていますが、紫外線は、表皮ではシミの原因のメラニン色素を増加、真皮では皮膚の張りを保つコラーゲンの生成を抑制し、シワを作ります。このような現象を紫外線が原因であることより光老化と呼び、一般の老化現象と分けて考えています。

シミは紫外線の影響であることは知っていたけれど、シワまでなんてと思っている人は多いのではないででしょうか?実際、医学界の中でも光老化がよく言われるようになってきたのはここ最近なのです。

太陽の光がなければ、私たちは暗闇の世界で生きることになります。多くの恵みをもたらしてくれる太陽ですが、実は皮膚には悪影響が多く私たちの肌を1年中痛めつけているのです。太陽にあたらなければ、ビタミンD不足になるなんてずーっと昔のこと、食生活が豊かになってきた現代では、食事からで十分なビタミンDを摂取できますし、オゾン層が破壊されつつある今日では紫外線を十分理解し、上手に太陽とつき合っていく必要があります。もちろん、紫外線には殺菌作用があります。たとえば、実験室の殺菌灯はUVC(紫外線C波)ランプが使用されていますし、布団などを太陽光線の下に干すことは、有益であると思います。

ページトップへ戻る

紫外線に関して

ここで少し、’悪玉’紫外線についてお話しましょう。紫外線は波長により、長波長紫外線(UVA)、中波長紫外線(UVB)、短波長紫外線(UVC)の3つに分けられます。このうち地表に届いているのはUVA、UVBですが、オゾン層破壊により最近ではUVCも少し地表に届いていると言われています。また、UVBも以前より多く届くようになってきています。

 さて、多量に紫外線を浴びると「日焼け」が起こります。まず、UVBが皮膚上層の表皮にあるメラニン細胞を活性化させ、大量のメラニンを生成します。すると、皮膚が赤くなり、ヒリヒリと痛む、おなじみの「日焼け状態」になるわけです。夏になると、過度の日焼けにより水ぶくれを作って外来を訪れる患者さんが必ずいます。日焼けは体中にやけどをしているのと同じです。過度の日焼けによる肩のシミなどはなかなか取れませんから、後悔する前にあまり焼かないこと事をおすすめいたします。一方、UVAの方は波長が長いので、肌の深部まで入り込み、長時間かけて組織を破壊していきます。そして、UVBが生成したメラニンをさらに黒くし、シミの原因だけでなく、シワ、肌荒れなど肌の老化をも進めてしまうのです。さらに、恐ろしいことに紫外線は皮膚がんの要因でもあるのです。実際、オゾン層が破壊し影響を受けているオーストラリアでは、皮膚がんが増えているそうです。

また、最近では、紫外線は肌そのものへ影響を及ぼすほかに、体内に活性酸素を生じさせ、過酸化脂質をつくるという報告もされています。この過酸化脂質は体内の細胞内組織をも酸化させてしまうのです。簡単に言うと、リンゴの皮をむき空気にさらしておくと茶色く変色するように、人間の体も紫外線をあびることにより、さびていく現象が起きるということなのです。このように、肌の外から加わる刺激の中で1番有害なのは紫外線なのです。ですからシミ、シワを作らないために、さらに皮膚がんにならないためにも、紫外線対策はとても重要なのです。確かに小麦色の肌は、健康的であるし、細く、やせて見えると思いますが、23歳ぐらいまでにしたいですね。また、日焼けサロン、日焼けマシーンなんて、シミ、シワ作成マシーンですから。若くても、肌の衰えは日焼けをしたあと、急に起こります。去年はきちんと皮がむけたのに、今年はシミが残ってしまったなんて。あとで、後悔しないように気をつけてください。

ページトップへ戻る

紫外線対策について

地表に届く紫外線の量は地域、季節、天候によって異なりますが、1年のうち最も少ないのは、1月。3月から急に増え始め、5月がピークとなり9月に減り始めます。しかし、紫外線は1年中存在します。最近、テレビのニュースで紫外線の量を放送するようになったのをご存じですか?紫外線が有害であることが認識されてきたのだと思います。十分に活用してください。太陽の光をまったく浴びないことはできないのですから、紫外線によるダメージを極力さけるようにすることは大切です。そこで、現在の紫外線対策事情につきお話したいと思います。

 これまで、紫外線の中でもUVBの研究が主でした。市販の日焼け止めクリーム(サンケア製品)で、よくSPFという表示を見かけると思いますが、これはUVBをどの程度防ぐことが出来るかの目安となる数値です。しかし、最近UVBよりもUVAによるダメージの方が深刻であることが解明されてきました。UVAはUVBよりも量が多く、ガラスやカーテンなども通過してしまうのです。昨年からUVAをどれぐらい防ぐかの表示、PA(+~+++)という数値が設けられました。みなさんが使用しているサンケア製品をご覧になってください。SPF、PAの表示がありますか?ところで、このような日焼け止めクリームは、SPF、PAの数値が高ければ高いほど効果があると思われがちです。しかし、それだけ肌への刺激も強くなるので、TPOや各自の肌にあわせて使い分けることをおすすめします。例えば、毎日の通勤や買い物など、ちょっとした外出であればSPF10~15、PA+で十分。一方、長時間の外出、リゾートでのテニスやゴルフなどの場合はSPF25~35以上、PA++以上を使用すべきでしょう。
しかし、長時間野外で仕事やスポーツをするときにはこまめに塗りなおすことが重要です。普段の化粧の下地に日焼け止めクリームを塗ることをおすすめします。また、顔だけでなく手の甲にもお忘れなく。その他最近では、UVカット日傘、帽子、手袋、コート、カーテン、ガラスなどいろいろ出ています。日中外を歩くときは、傘や帽子の習慣をつけると良いと思います。

 それから、特に女性は生理周期がありますが、排卵から次の生理までの間、つまり高温期と言われる時期、この時期は黄体ホルモンが多く分泌されています。また、妊娠中や経口避妊薬服用中も黄体ホルモンが分泌されています。この時期は非常にシミができやすいので日焼けをしたり、不摂生をして遅くまで飲んだりするのは控えた方がよろしいかもしれません。

ページトップへ戻る

シミの原因、治療について

シミはなぜできるのですか?

1)細胞は、細胞膜で被われていて、この細胞膜はリノール酸などの不飽和脂肪酸でできていています。これが酸化されると、蛋白質と結びつきシミになります。シミの多い人は、血液中に過酸化脂質が多いと言われています。先ほどお話したリンゴの変色現象です。


2)皮膚にはメラニン色素を作るチロシンというアミノ酸があり、紫外線にあたると、メラノサイトという細胞の中でメラニン顆粒を製造します。チロシンがメラニン色素に変わるためには、 チロシナーゼという酵素が必要ですが、 紫外線にはチロシナーゼを活発にさせる力があります。日焼けをしても若いうちならだんだんもとの肌の色に戻りますが、齢をとるとメラニン色素が表皮に残ってしまい、シミとなってしまうのです。表皮は通常28日で新しく生まれ変わるのですが、30代で約40日、40代では約55日の日数がかかります。10代までは2か月もするともとに戻りますが、過剰に作られたメラニン色素が、表皮が新しく生まれ変わるのが遅いため、表皮の一部に停滞してしまうのです。これは日焼けだけでなく、ヤケドやケガ、カブレやニキビなどの局所の炎症後にも起こります。

 

さて、シミってなんでしょうか?

 医学的には肝斑(かんぱん)のことをシミといいますが、外来を訪れる患者さんは、肝斑の他、老人性色素斑(日光黒子)、炎症性色素斑、脂漏性角化症、扁平母斑、時には太田母斑、日光角化症などを「シミ」と言って来院します。シミはメラニン色素が表皮内に沈着したものです。ここでは、主に肝斑と老人性色素斑(老人性のシミ)のお話をしましょう。


肝斑(かんぱん)

日本人は肝斑ができやすい人種です。肝臓が悪いからできるわけではありません。肝斑は思春期以降の女性にできます。

 顔面の両方の頬にできることが多く、おでこや鼻の下にもできます。境界明瞭な茶褐色調の色素沈着です。初発年齢は20歳代後半から30歳代が最も一般的で、妊娠出産にかかわりながら発症増悪自然消退を繰り返す女性もいます。経口避妊薬を服用している人にも高頻度で認められます。

(原因)
  1. 黄体ホルモンの上昇(妊娠、経口避妊薬、子宮、卵巣の疾患)
  2. 紫外線
  3. ストレス、疲労(メラニン色素細胞刺激ホルモンを刺激)

(治療)当院での治療です。肝斑はすぐには治らないので、気長に根気強く続けることが重要です。
  1. 紫外線予防(UVカットクリーム)
  2. 全身療法ー内服薬(ビタミンC,E、トラネキサム酸など)
  3. 局所療法ー外用薬(ビタミンCローション、コウジ酸トラネキサム酸混合クリーム、ハイドロキノンなど)
  4. ケミカルピーリング(肥厚した表皮を剥離し、新陳代謝を促す。)
  5. Qスイッチヤグレーザーによるレーザートーニング

1.png


2.png



老人性色素斑

顔面、手背など日光のあたるところに生ずる褐色から茶色の円形の色素斑。初発年齢は、中年以降と言われているが20歳代でできることもある。

(原因)1.紫外線(UVB)


(治療)当院での治療です。
  1. 紫外線予防
  2. 局所療法ー外用薬(ビタミンCローション、コウジ酸トラネキサム酸混合クリーム、ハイドロキノンなど)
  3. レーザー治療(Qースイッチルビーレーザー)

3.png


4.png


シワの原因、治療について

シワは、小ジワとシワの2種類に分けられます。小ジワー目尻、目のまわりや口のまわりにでき、溝が浅く短いシワ。シワー額や眉間、小鼻から口角にかけてできる、溝の深いシワ。両方とも皮膚の老化によって生じますが、小ジワは一時的な乾燥によって出きることが多く、シワは真皮中の膠原線維(コラーゲン)が破壊されてできたものです。

皮膚の老化は早い人で20歳から始まります。皮膚の老化を早める要因には紫外線、タバコ(タバコは活性酸素を発生し、さらにビタミンCを大量に消耗させてしまいます。)睡眠不足、過度のアルコール、肌に合っていない化粧品、偏った食生活、仕事、ストレスによるいらいらなどが上げられます。特にシワは、紫外線、肌の乾燥、表情(眉間にシワをよせる人っていますよね。)が原因でおこり、上述の如く小ジワは表皮が原因、
表皮の乾燥、水分不足で起こり、シワは、真皮が原因、真皮中の膠原線維(コラーゲン)が細くなり、短く切れた状態になり、他の膠原線維と余分な連結をし始め、さらに弾性線維(エラスチン)も弾力性がなくなり生じます。

さて、表皮が新しく生まれ変わる日数が、年齢とともに増すことはお話しましたよね。それは、表皮の一番上にある角質層が年をとるにつれ厚くなるからなのです。20代では、12層ぐらいですが、年齢とともに20層ぐらいまでになります。そのため、真皮からの栄養が表層まで届かなくなり、肌の保湿が衰え、柔軟性がなくなるのです。シワは、内的要因である皮膚の機能低下と外的要因である紫外線などの影響によりできるのです。さて、当院で行っている治療につきお話しましょう。もちろん、紫外線は大敵ですので、予防はしっかり行ってもらいます。


小ジワ

1.肌に保湿を与える。

局所療法ー外用薬

・ビタミンCローション:
ビタミンCにはコラーゲンを増やす作用があります。
・コウジ酸トラネキサム酸混合クリーム:
ヒアルロン酸配合で、シミの治療だけでなく、上質な保湿剤です。
・APPSフラーレン:
酸化予防の美容液です。リンゴをむいて放置すると、茶色くシワシワになります。これが酸化現象です。人間の皮膚も同じことが起こっています。
老化によって酸化しやくなり、赤ちゃんの白くつるつるした肌から、茶色くくすんだしわしわの肌になってしまうのです。それを予防するのが抗酸化剤です。

2.レーザー治療

皮膚を剥離するablativeレーザーから、剥離しないnon-ablativeレーザーがあります。効果が高いのは、ablativeですが、1週間ガーゼが必要であったり、治療後に色素沈着が起こったり、ダウンタイムが長いです。患者さんの社会生活、希望に応じて、機器の選択を行います。
    ・クールタッチレーザー
    ・Nd:ヤグレーザージェネシスによるレーザーピーリング
    ・タイタン
    ・ポラリス
    ・フラクショナル炭酸ガスレーザー
    ・フラクショナル高周波
    ・ウルトラパルス炭酸ガスレーザー


3.ケミカルピーリング

年をとればとるほど表皮は厚くなります。これを、薬剤により除去していく方法です。エステとの違いは、病院でのピールは薬の濃度が濃く、医療器械(高周波)を使う所です。これは、にきびなどにも効果があります。1回:顔で1万円)


シワやタルミ

1.ヒアルロン酸注入

(くぼんでいるシワの下に、ヒアルロン酸を注入していきます。シリコンのように体に残存してしまうと発癌などの問題がありますので、注入するヒアルロン酸は、時間の経過とともに吸収されていきます。ですから、永久的なものではありません。吸収されてしまいますので、1年に1度注入される方もいますし、気になったら再度行う方もいます。ところで、コラーゲン配合のクリームってありますよね。いくら塗ってもコラーゲンの再生は起こりません。確かに保湿にはいいかもしれませんが、クリームの効果は表皮の角質層までです。1回:7-14万円))

5.png


2.ボツリヌス毒素(ボトックス治療)

眉間、おでこ、目じり、顔の表情筋の動きを止めます。

6.png


3.レーザー治療

小ジワ同様、患者さんの希望により機器の選択を行います。

7.png


4.手術(face lifting)

1)目の上のシワ、たるみ
2)目の下のシワ、たるみ、膨らみ
3)頬のシワ
4)おでこのシワ

1)、2)は局所麻酔で行います。3)4)は全身麻酔で行います。


5.ケミカルピーリング

シミ、シワで病院に行くなんてと思っている方は結構多いと思います。当院の美容外科ではアンチエイジングを専門に行っています。外来は保険の形成外科と同じところで行っていますので、気軽にいらしてください。

 費用に関しては、形成外科一般は全て保険診療(傷あと、ほくろの手術など)ですが、シミ、シワのレーザー治療等は、美容外科に入りますので自費診療となります。また、メデイカルエステの第一歩として、ケミカルピーリングなども行っています。ケミカルピーリングは、顔や手の美白、くすみとり、さらににきび、にきびあとなどにも効果があります。一度、試してみてください。

質問コーナー

Q.1シミのレーザー治療って痛いの?本当にきれいになるの?いくらぐらいするのかしら?

レーザー治療をすると消しゴムで消したようにシミが消えると過大評価されがちですが、レーザー治療は魔法ではありません。確かに消しゴムで消したように消えてしまう人もいます。しかし、全員に同じ効果があるわけではありません。レーザー治療の後がどうなるかは、年齢、肌の質、生活習慣、ホルモンバランス、今までの紫外線照射量などの違いにより、人それぞれいろいろな変化が起きます。それでは、治療からその後のことをくわしくお話しましょう。

当院の場合、1度目の受診(初診)で、治療の説明をします。シミ治療を希望するほとんどの方は、顔にいろいろなシミができていますので、まず、内服、外用治療から開始します。2-3ヶ月継続していただき、シミのもとであるメラノサイトの活動を抑えます。その後、シミが残存するようであれば、レーザー治療の説明を行い、治療を希望されれば予約をしていただきます。レーザー治療を希望されても適応がない場合は違う治療を行います。

中には日光角化症などをシミと言って来院されるかたがいますが、日光角化症は前癌状態ですのでレーザー治療はしないで、組織の検査を行います。レーザー治療を行う場合は、予約した治療日に受診、レーザー治療室に入り、診察台に横になります。大きさによりますが治療時間は10秒から1分ぐらいです。ほとんどの人が「えっ!もう終わったんですか?」と言います。シミの場合は麻酔をしません。ゴムではじかれたように、1発、1発ぴし、ぴしと痛いですが今まで麻酔をしなくても、全員問題はありませんでした。(テープの麻酔や、塗る麻酔があるのですが、つけたら1時間ぐらい待たなければ効果がありません。あざなどの治療には使いますが、私も実際自分でレーザーをあててみて大丈夫でした。)
治療後薬を塗り、ガーゼ、テープをして終了です。終わった後は多少ピリピリしますが、40分ぐらいで痛みは消えます。処置の仕方のパンフレット、塗り薬、テープをもらって帰ります。次の外来受診日まで自分で処置をしてもらいます。1週間は同じ処置を自分で行います。入浴、洗顔、化粧(レーザー治療部以外)も可能です。1週間後に受診し、レーザー後の診察を行います。シミの上に茶色のかさぶたようなものができます。この後が、先ほどお話しした個人差により変わってくるのです。

特に日焼けをしてすぐに黒くなるような人は、レーザー治療後3週ぐらいで、赤黒くなります。これは、炎症後の色素沈着というのが起こるからです。6か月もすれば色素は落ちつくのですが、この色素沈着を早くおとすために塗り薬をぬってもらいます。また、レーザー治療後に紫外線にあたると、前より黒くなることがありますので、肌色のテープを貼ったり、紫外線カットのクリームを塗ってもらいます。レーザー治療後1か月では肌色、ピンク色、少し赤い色、赤黒いなど、人により変化は様々ですが、赤い人でも3か月もすると目立たなくなってきます。

 さて、料金ですが、あるエステで、直径2cmぐらいの円形のシミを相談したところ、「1年で80万ぐらいかかります。」と言われたそうです。また、化粧品会社からでているシミにきくと言われているクリーム、1本1万円で1か月。3か月以上は続けて下さいって言われませんでしたか?このように本来シミをとるのってすごくお金がかかることです。当院では、10円玉ぐらいの大きさで2万5千円~3万円です。大きさにより値段が変わります。1個、1万円~5万円の間です。高いか安いかは治療して1年後、鏡を見てご判断ください。(私も自分で2つぐらいとりました。) 老人性色素斑は大部分の人がきれいになります。

ラストメッセージ

子育て期間は、どうしても子供に集中してしまい、自分のことがおろそかになりがちです。実際、妊娠期間から子育て期間、この間の紫外線照射量は多く、シミ、シワのもとを作っていると思います。子供はもちろん大切。でも、自分ももう少し大切にしてあげてください。お肌は一生自分のものです。そして、子育て期間が終了したら、今度は自分の時間です。また、お肌の健康は女性ばかりではありません。男性でも同じです。特に、ゴルフ、アウトドアーの趣味の方、紫外線をたくさんあびていませんか?シミだけでなく、皮膚がんの原因にもなります。男性はお化粧をしませんから、シミって目立ちますよね。男性の患者さんって結構いらっしゃいます。

 もう年だから、まだ若いからは禁句です。 正しいスキンケアーをしていつまでも、美しく。

形成外科、美容外科外来に関して

初診は、予約制ではありません。初めて受診される方は、7時半~11時に受診してください。カルテができるまでに1時間弱かかりますので、
早い時間に受診することをお勧めいたします。紹介状があるほうがよいのですが、なくても診察はお受けしています。再診は予約制になっています。外来診療は月から土曜日までの午前中(9時~12時)に行っています。午後は手術時間ですので、火曜日以外は、外来診療はしておりません。午後、夕方診察は保険疾患のみの診察となります。また、レーザー治療は山下が担当し初診は、水、金曜日以外毎日行っています。治療は予約制であり、月、火曜日の午後を主とし、木曜日は午後1時より手術室での手術がありますので、その予定により行っていないこともあります。また、土曜日は遠方の方、定期的なあざ治療の方に限り行っておりますのでご了承ください。尚、学会出張等で休診になることがありますので、初診の方は電話でお問い合わせください。 

なお、山下休診・水曜日は大学外来ほか、金曜日(午前)、クリニーク・ラ・プラージュ葉山、アンチエイジング外来で、鎌倉不在になりますので、よろしくお願いします。

形成外科週間スケジュール

  午前7時~ 8~12時 午後12時~ 13時半~ 17~19時 19時~
病棟回診 外来診療 レーザー治療 外来手術・レーザー 夕診 回診
病棟回診 外来診療 レーザー治療 外来手術、外来診療、レーザー 回診
病棟回診 外来診療 - 外来手術 夕診 回診
病棟回診 外来診療 レーザー治療 手術(手術室)13時~、回診
病棟回診 外来診療 - 手術(手術室)、回診
病棟回診 外来診療 レーザー治療 回診

*午前受付7時30分~11時まで

形成外科・美容外科へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら