トップ>受診される方へ>診療科のご案内>検査部

検査部

検査部長 小林 修三

浜松医科大学
湘南鎌倉総合病院 副院長・腎臓病総合医療センター長・内科統括責任者・検査部長
医学博士

日本内科学会評議員・認定医、日本腎臓学会評議員・指導医・専門医、日本医工学治療学会理事、日本フットケア学会理事長、日本下肢救済・足病学会監事、日本急性血液浄化学会評議員、日本高血圧学会評議員・専門医(FJSH)指導医、日本病態栄養学会評議員・専門医、日本透析医学会評議員・指導医、日本アフェレーシス学会評議員、腹膜透析研究会評議員、臨床ゲノム医療学会理事、日本糖尿病学会、アメリカ糖尿病学会 active member、日本動脈硬化学会、国際腎臓学会、アメリカ腎臓学会、欧州連合透析移植学会


小林修三のウェブサイトへ

検査部長から一言

検査なしに診断は成り立たず、したがって治療方針も立ちません。医師が診断しているのではなく検査技師によるさまざまな検査によって診断されていることは今さら言う必要は無いと思います。
さらに、最近では遺伝子診断をはじめ先端的医学を応用した高度な診断も要求されてきました。エコー検査なども高度な診断能力が必要です。血液中のさまざまなバイオマーカーはどんどん新しくなり、輸血・細菌・病理など多くの分野で著しい進歩があります。
当院では最新の器械を使って新しい分野の検査を多数院内で行っています。こうして間違いなく今後の当院の発展を担う検査技師が検査の多分野で活躍しています。正確・迅速・安全・快適な検査を目指しています。

検査部技師長 後藤 正寿

技師長から一言

医療技術者を志したのなら、高い技術を身につけるべきです。そうしなければ患者さんへの責任が果たせません。高い技術を身につけるためには自己研鑽は欠かせませんが、環境も重要です。院内処理項目数、患者数、診療科等で自分が経験できることが違ってきます。"どうせやるなら一流で"の合言葉で、自分も周囲も納得できる本気の仕事をしましょう。

検査部の特徴

全ての診療科が揃い、腎移植、再生医療、バス健診、加えて日本一の救急搬送数等から、院内処理項目数・検体数・患者数とも多く、忙しく、要求度が高いというのが当検査部の特徴です。また、学会活動や資格取得の奨励、週1回の勉強会等、常に学ぶということを心がけています。気軽に働けるような難易度ではありませんが、平均年齢も若く活気あふれる職場だと思っています。

※ご見学は随時受け付けております。後藤 正寿までご連絡下さい。

検査部の理念

1.最高の技術を提供すること

  • 目標を高く持ち自己研鑽を怠らない
  • こだわりと責任を持つ

2.患者中心主義であること

  • 患者の利益を先に考え、その後に運用を決定する

3.統制のとれた組織であること

  • あいさつ、気配り等のマナー・礼儀を意識し、上下関係を明確にする

検査部 認定資格取得者数(2015年度)

取得者一覧

国際細胞検査士 1名
細胞検査士 2名
血管診療技師 3名
超音波検査士 消化器 7名
循環器 3名
体表臓器 2名
血管 1名
産婦人科 1名
二級臨床検査士 循環生理学 4名
呼吸生理学 4名
血液学 4名
免疫血清学 2名
病理学 3名
緊急臨床検査士 3名
第一種消化器内視鏡技師 1名
日本糖尿病療養指導士 1名
JB‐POT認定 1名
臨床培養士 1名
細胞治療認定管理師 1名
心電図検定2級試験 1名

2015年度内に認定技師取得または試験合格した者

●超音波検査士 消化器領域(日本超音波医学会主催)
  ・山口 純子

●超音波検査士 循環器領域(日本超音波医学会主催)
  ・田島 亜弥

●二級臨床検査士 循環生理学(日本臨床検査技師会主催)
  ・大城 千尋

●二級臨床検査士 呼吸生理学(日本臨床検査技師会主催)
  ・金谷 恵  ・大町 若菜  ・木原 尚比呂

●二級臨床検査士 免疫血清学(日本臨床検査技師会主催)
  ・鈴木 萌子

●細胞治療認定管理師(日本輸血細胞治療学会主催)
  ・佐藤 勉

●心電図検定2級試験(日本不整脈心電学会主催)
  ・村上 結香

平成26年4月に精度保証施設として認証されました

精度保証施設認証制度とは日本臨床衛生検査技師会の事業に参加し、標準化され、かつ精度が十分保証されていると評価できる施設に対して、制度保証施設として認証する制度です。

当院は初めて認証されて以降、更に2年毎に行われる保証調査でも引き続き認証されています。

業務実績

検体検査 検体数 770件
生理検査 心電図 200件
腹部エコー 125件
心エコー 60件

※数字はいずれも1日平均

業務内容

検査技師数は54名(全員常勤)で、セクションは大きく検体検査・生理検査・病理検査に分かれております。世間一般で行われている検査項目はほぼ実施できていると思います。
当院は2013年4月に神奈川県の民間病院では初めて救命救急センターにも指定されており、夜間当直体制は、検体当直2名と生理当直(緊急エコー対応)1名で対応しています。
特記事項として、腎移植にかかわるHLA抗体検査、HLAタイピング、リンパ球クロスマッチ等をフローサイトメーターやLuminexを用いて検査してい ます。また、再生医療の為の幹細胞培養や細胞特性の検査(表面マーカーや遺伝子発現など)も行っており、脂肪組織由来間葉系前駆細胞による乳房再建術や末梢血幹細胞移植にも関わっています。

 

検体検査項目


  • BM-6050


  • G9


  • AIA-2000LA


  • cobas501/601


  • STACIA

  • ARCHITECTi2000SR


  • XE-5000


  • CS-2100i


  • US-3100R plus/UF-1000i

2F採血ブース

病理検査室

生理検査項目

◆心電図(安静12誘導) ◆マスターダブル負荷心電図 ◆トレッドミル負荷心電図 ◆CVR-R ◆LP(レイトポテンシャル) ◆ホルター心電図(24時間心電図) ◆携帯型心電図 ◆簡易肺機能検査 ◆精密肺機能検査 ◆気道可逆性試験 ◆ABPM(24時間血圧計) ◆パルスオキシメーター ◆簡易PSG ◆PSG(終夜) ◆ABI/PWV ◆ABI/CAVI ◆筋電図(MCV、SCV、ABR、VEP、SSEP、SEP) ◆脳波 ◆SPP ◆FMD ◆ウロダイナミクス ◆耳鼻科検査(ENoG、ENG等)、サーモグラフィー、心エコー(一般計測、CRT、経食道) ◆腹部エコー(消化器・体表・血管・婦人科・泌尿器、その他)   


  • 心電図とABI


  • 心エコー室


  • 心エコー所見


  • 2Fエコー室


  • 4F生理検査室


  • ミーティングルーム


  • 2F25番受付

2015年度学会発表実績

  • KCJL(近畿血管治療ジョイントライブ)               
    「心エコーで見れるTAVIの適応と合併症」
    演者:村上 結香               
  • 第64回 日本医学検査学会               
    「東ソー製AIA-2000を用いた基礎検討報告」
    演者:槇 恭佑              
  • 第34回 日本乳腺甲状腺超音波医学会            
    「粘液癌との鑑別を要した線維腺腫の6症例」 
    演者:坂井 由起子                
  • 第63回 日本輸血・細胞治療学会               
    「湘南鎌倉総合病院における輸血副作用監視体制の構築」 
    演者:槇 恭佑             
  • 第56回 日本臨床細胞学会              
    「子宮頸部原発腺様嚢胞癌の一例」               
    演者:小保方 和彦
  • 第9回 神奈川酵素補充療法研究会               
    「ファブリー病の診断における心エコーの役割」    
    演者:村上 結香                
  • 湘南鎌倉総合病院 脳卒中治療研究会 大磯セミナー2015               
    「企業健診での睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査の試み」
    演者:加賀谷 範芳            
  • 第24回 日本心エコー図学会夏期講習会               
    「心エコーでみるファブリー病」  
    演者:村上 結香           
  • 第78回神奈川県感染症医学会               
    「血液培養からNeisseria elongata subsp.glycolyticaが検出された一例」 
    演者:後藤 未来                  
  • 第35回 日本乳腺甲状腺超音波医学会              
    「乳頭びらんを伴った乳癌の2症例」 
    演者:坂井 由起子                       
    「筋層内転移を来した乳癌の一例」
    演者:田島 亜弥              
  • 第4回 日臨技北日本支部医学検査学会               
    「FEIA法によるSCC試薬基礎検討報告」               
    「当院における輸血製剤廃棄削減の取り組み」  
    演者:槇 恭佑                  
  • 第4回 日臨技首都圏支部医学検査学会               
    「当院が行う再生医療における臨床検査技師の役割」 
    演者:佐藤 勉              
    「企業健診での睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査の試み」               
    演者:加賀谷 範芳
  • 第2回 徳洲会グループ学術集会               
    「術中迅速細胞診が有用であった脳原発悪性リンパ腫の2例」
    演者:小保方 和彦                  
  • 第27回 日本臨床微生物学会総会               
    「streptococcus galloyticus-subsp.pasteurianusが検出された12症例の後方視的検討」
    演者:山冨 桂司               
  • 第31回 日本環境学会総会               
    「当院における血液培養の採取状況と陽性時間の解析」 
    演者:小野 祐太郎             
  • 第79回 神奈川感染症医学会               
    「Shewanella algaeが検出された5症例の後方視的検討」 
    演者:後藤 未来                  
  • 第15回 日本再生医療学会総会               
    「自己脂肪組織由来間葉系前駆細胞移植におけるデータの比較検討」
    演者:佐藤 勉              

2015検査部.png

検査部広報誌 「臨床検査ニュース」

「臨床検査ニュース」は検査に纏わる様々な情報、新規導入項目や注目の検査等の情報を臨床や来院する方々へ提供するために年3回発行しています。バックナンバーは下記よりPDFでご覧いただけます。

・第19回臨床検査ニュース

・第18回臨床検査ニュース

・第17回臨床検査ニュース

・第16回臨床検査ニュース

・第15回臨床検査ニュース

・第14回臨床検査ニュース

・第13回臨床検査ニュース

・第12回臨床検査ニュース

・第11回臨床検査ニュース

・第10回臨床検査ニュース

・第9回臨床検査ニュース

・第8回臨床検査ニュース

・第7回臨床検査ニュース

・第6回臨床検査ニュース

・第5回臨床検査ニュース

・第4回臨床検査ニュース

・第3回臨床検査ニュース

・第2回臨床検査ニュース

・第1回臨床検査ニュース
 

検査部のイベント

新人歓迎会や忘年会、アウトドアでは釣りやバーベキュー、キャンプなどの場合もありますが折々に開催し、検査部内の交流を図り、親睦を深めています。

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら