トップ>受診される方へ>診療科のご案内>臨床研究センター

臨床研究センター

湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センター(Center for Clinical and Translational Science)について

小林 修三

[センター長] 小林 修三

1980年3月 浜松医科大学卒業
1986年3月 浜松医科大学大学院医学研究科修了
1987年4月 文部教官第1内科助手
1988〜1990年 テキサス大学サンアントニオ校病理学客員講師
1998〜1999年 防衛医科大学第二内科指定講師
1999年3月〜現在 湘南鎌倉総合病院副院長
2013年3月〜現在 同院腎臓病総合医療センター長
2015年1月〜現在 同院附属臨床研究センター長

詳細はこちら

著書

  1. 透析患者の末梢動脈疾患〜早期発見と治療戦略(医薬ジャーナル)
  2. 腎障害・透析患者を受け持ったときに困らないためのQ&A(羊土社)
  3. 救急・ICUの体液管理に強くなる(羊土社)
  4. 間違いだらけの病院選び(PHP新書)
  5. ベートーベン・ブラームス・モーツアルト その音楽と病(医薬ジャーナル)

原著

  1. Hamano K, Abe M, Komi R, Kobayashi S.: N-terminal fragment of pro-brain natriuretic peptide (NT-proBNP) for predicting silent myocardial ischemia in type 2 diabetes mellitus independent of microalbuminuria. Diabetes Metab Res Rev.2010 Oct; 26: 534-539. 2010
  2. Moriya H, Ishioka K, Honda K, Oka M, Maesato K, Ikee R, Hidaka S, Ohtake T, Kobayashi S.: Beraprost sodium, an orally active prostaglandin I2 analog, improves renal anemia in hemodialysis patients with peripheral arterial disease. Ther Apher Dial.2010 Oct; 14(5):472-476. 2010
  3. Ishii T, Ohtake T, Okamoto K, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Maesato K, Ikee R, Moriya H, Hidaka S, Doi K, Noiri E, Fujita T, Kobayashi S.: Serum biological antioxidant potential predicts the prognosis of hemodialysis patients. Nephron Clin Pract. 2011; 117(3):c230-236. 2011
  4. Honda K, Okamoto K, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Maesato K, Ikee R, Moriya H, Hidaka S, Ishioka K, Hidaka S, Ohtake T, Doi K, Fujita T, Kobayashi S, Noiri E.: A novel mechanism in maggot debridement therapy: protease in excretion /secretion promotes hepatocyte growth factor production. Am J Physiol Cell Physiol. 2011 Dec; 301(6):C1423-1430. 2011
  5. Honda K, Hidaka S, Kobayashi S: Successful treatment with cyclosporine of thrombotic thrombocytopenic purpura refractory to corticosteroids and plasma exchange. Ther Apher Dial. 2011 Apr; 15(2):215-217.
  6. Iwagami M, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Moriya H, Ohtake T, Hidaka S, Kobayashi S: LDL-aheresis dramatically improves generalized calciphylaxis in a patient undergoing hemodialysis.  Clin Nephrol. 2014 Mar; 81(3):198-202. 2014
  7. Oka M, Ohtake T, Mochida Y, Ishioka K, Maesato K, Moriya H, Hidaka S, Kobayashi S.: Correlation of coronary artery calcification with pre-hemodaialysis bicarbonate levels in patients on hemodaialysis. Ther Apher Dial. 2012 Jun; 16(3):267-271. 2012
  8. Hirakata H, Nitta K, Inaba M, Shoji T, Fujii H, Kobayashi S, Tabei K, Joki N, Hase H, Nishimura M, Ozaki S, Ikari Y, Kumada Y, Tsuruya K, Fujimoto S, Inoue T, Yokoi H, Hirata S, Shimamoto K, Kugiyama K, Akiba T, Iseki K, Tsubakihara Y, Tomo T, Akizawa T.: Japanese Society for Dialysis Therapy guidelines for management of cardiovascular diseases in patients on chronic hemodialysis. Ther Apher Dial.2012 Oct; 16(5):387-435. 2012
  9. 小林修三:下肢閉塞性動脈硬化症に対するLDLアフェレシス 日本アフェレシス学会雑誌 32巻 1号 : 58-61. 2013
  10. Hidaka S, Kobayashi S, Iwagami M, isshiki R, Tsutsumi D, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Maesato K, Moriya H, Ohtake T.: Sarpogrelate hydrochloride, a Selective 5-HT2A receptor antagonist, improves skin perfusion pressure of the lower extremities in hemodialysis patients with peripheral arterial disease. Ren Fail.2013; 35(1):43-48. 2013
  11. Sanaka T, Mochizuki T, Kinugasa E, Kusano E, Ohwada S, Kuno T, Kojima K, Kobayashi S, Satoh M, Shimada N, Nakao K, Nakazawa R, Nishimura H, Noiri E, Shigematsu T, Tomo T, Maeda T, and VEESA Study Group: Randomized controlled open-label trial of vitamin E-bonded polysulfone dialyzer and erythropoiesis-stimulating agent response.  Clin J Am Soc Nephrol. 8:969-978. 2013
  12. Oshikawa J, Toya Y, Morita S, Taguri M, Hanaoka K, Hasegawa T, Kaizu K, Kamata K, Kobayashi S, Ohtake T, Sato T, Yasuda G, Kimura K, Umemura S.: Angiotensin receptor blocker(ARB)-diuretic versus ARB-calcium channel blocker combination therapy for hypertension uncontrolled by ARB monotherapy. Clin Exp Hypertens.: 1-7. 2013
  13. Moriya H, Kobayashi S, Ohtake T, Tutumi D, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Maesato K, Hidaka S, Nomura S.: Aliskiren, a direct renin inhibitor, improves vascular endothelial function in patients on hemodialysis independent of antihypertensive effect ~a pliot study~. Kidney Blood Press Res.2013; 37(2-3):190-198. 2013
  14. Kobayashi S.:Treatment strategies for PAD in CKD patients: its characteristics and importance of early detection–findings from the Japanese J-PADD study. Annals of Vascular Diseases Vol.7, No.2 June 2014 : 214-217.2014
  15. Oka M, Mochizuki T, Kobayashi S: A Novel Mutation of the PKD2 Gene in a Japanese Patient With Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease and Complete Situs Inversus. Am J Kidney Dis. 2014 Oct;64(4):660. 2014
  16. Isshiki R, Kobayashi S, Iwagami M, Tsutumi D, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Maesato K, Moriya H, Ohtake T, Hidaka S.: Cerebral blood flow in patients with peritoneal dialysis by an easy Z-score imaging system for brain perfusion single-photon emission tomography. Ther Apher Dial. 2014 Jun;18(3):291-296. 2014
  17. Kobayashi S, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Maesato K, Moriya H, Hidaka S, Ohtake T.: The effects of blood pressure and the renin-angiotensin-aldosterone system on regional cerebral blood flow and cognitive impairment in dialysis patients. Hypertens Res. 2014 Jul;37(7):636-641. 2014

センターの概要

湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センターは平成27年5月12日付けで文部科学省より研究機関指定を受けました。当センターは、がんを含む難治性疾患および再生医療に関する基礎研究からトランスレーショナルリサーチ、臨床研究まで幅広い分野における各研究段階を統合して新規の診断・治療法の研究開発を推進することを目的として設置されました。

組織図

組織図

お知らせ

  • 当センターに関するご質問や科研費申請、寄付金に関するご質問・お問い合わせは、研究機関担当者(ccts512@shonankamakura.or.jp)までお問い合わせ下さい。

 また、寄付金のお申込みについては下記よりダウンロードしてください。(記入例
 ◆寄付金のお申込み書(Word形式)(PDF形式

各部門の紹介

乳房・皮膚・美容再生医療研究部

山下 理絵

[部長] 山下 理絵

1986年3月 北里大学医学部卒業
1986年4月 北里大学形成外科
1994年4月〜現在 湘南鎌倉総合病院美容外科部長、北里大学形成外科非常勤講師
2004年4月〜現在 クリニーク・ラプラージュ・葉山抗加齢美容医学センター長兼務
2015年1月〜現在 湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センター乳房・皮膚・美容再生医療研究部部長

詳細はこちら

研究テーマの概要

①皮膚レーザー治療:先天性のあざの治療、難治な症例に対する新治療の研究 ②再生医療アンチエイジングセンター:通常のしみ、しわ治療を低侵襲に治す方法や皮膚培養や再生医療を利用したアンチエイジングの研究③創傷治癒熱傷創傷センター:創傷の初期治療から瘢痕治療まで。創を早く治して傷跡をより目立たなくさせる研究などの早期に臨床に結びつく研究を行っています。大学病院在勤中は重症なやけど治療に使用する皮膚培養の研究を行っていましたが、現在ではこの分野は代表的な「再生医療」のひとつです。また、例えば乳癌術後の再建などにおいて一度失った組織は完全には戻りませんが、より元の形に戻すための再建手術や組織回復のための治療を行います。当部門で取り組んでいる「間葉系幹細胞加脂肪移植」と「多血小板血漿:PRP」による治療は「再生医療等安全性確保法案」の三種に分類されますが、日本で最初に臨床使用が受理されました。多くのサイトカインを含むこれらの治療は、wound healing、anti-aging、hair growthなど多くのanagenesisへの期待ができます。

最近の主な業績

  1. 山下理絵、近藤謙司 他:自己脂肪組織由来間葉系前駆細胞を用いた乳癌術後変形に対する再建治療:日本臨床73:484-491,2015.5
  2. 近藤謙司、山下理絵:脂肪注入術による豊胸術:脂肪幹細胞を加えた脂肪注入術による豊胸手術症例と合併症:PEPARS77:59-68、2013.5
  3. 山下理絵:肌のアンチエイジングに対するレーザー治療:日本レーザー医学会会誌:31:36-41、2010.3
  4. Kuroyanagi Y,Yamashita R:Tissue-engineered product:Allogeneic cultured dermal substitute composed of spongy collagen with fibroblasts. Artif Organs 2001; 25:180-186
  5. Yamashita R,et al. Allogeneic cultured dermal substitute composed of spongy collagen containing fibroblasts;preliminary clinical trials. WOUNDS,11(2):34-44,1999
  6. 山下理絵 他:コラーゲンマトリックスに線維芽細胞を組み込んだ同種培養真皮代替物の開発―予備臨床評価―.熱傷1996;22:177-184
  7. 山下理絵 他:同種複合培養真皮と抗菌剤含有被覆剤による創傷治癒促進効果―基礎的実験評価―.日形会誌1994;14:543-553
  8. 山下理絵 他:同種複合培養真皮と抗菌剤含有被覆剤による創傷治癒促進効果―臨床評価―.日形会誌1994;14:554-564

一般再生医療研究部

大竹 剛靖

[部長] 大竹 剛靖

1987年3月 浜松医科大学医学部卒業
1994年3月 浜松医科大学大学院医学研究科修了
2002年1月〜現在 湘南鎌倉総合病院腎臓内科部長
2009年10月〜2010年3月 Maryland大学Institute of Human Virology研究員
2015年1月〜現在 湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センター一般再生医療研究部部長

詳細はこちら

研究テーマの概要

慢性腎臓病と動脈硬化の関連に注目し、以前より、腎臓と心疾患、特に冠動脈狭窄との関連、透析患者の下肢末梢動脈疾患に関する臨床的検討を行っており、最近では透析患者の脳血流、脳の動脈硬化や認知症を検討して報告しています。
再生医療の点からは、血液透析患者を対象に末梢血単核球由来CD34陽性細胞移植による下肢血管新生療法の臨床検討を行っています。また急性腎不全の再生治療に関する基礎的研究を他大学との連携で行っています。

最近の主な業績

  1. Kobayashi S, Mochida Y, Ishioka K, Oka M, Maesato K, Moriya H, Hidaka S, Ohtake T: The effects of blood pressure and the renin-angiotensin-aldosterone system on regional cerebral blood flow and cognitive impairment in dialysis patients. Hypertens Res 37: 636-641, 2014
  2. Ohtake T, Sato M, Nakazawa R, Kondoh M, Miyaji T, Moriya H, Hidaka 
    S, Kobayashi S: Randomzied pilot trial between prostaglandin I2 analogue and anti-platelet drugs on peripheral arterial disease in hemodialysis patients. Ther Apher Dial 18: 1-8, 2014
  3. Ohtake T, Kobayashi S, Oka M, Furuya R, Iwagami M, Tsutsumi D, Mochida Y, Maesato K, Ishioka K, Moriya H, Hidaka S: Lanthanum carbonate delays the progression of coronary artery calcification compared with calcium-based phosphate binders in patients on hemodialysis: a pilot study. J Cardiovasc Pharmacol Ther 18: 439-446, 2013
  4. Ohtake T, Oka M, Ishioka K, Honda K, Mochida Y, Maesato K, Moriya H, Hidaka S, Kobayashi S: Cardiovascular protective effects of on-line hemodialfiltration: comparison with conventional hemodialysis. Ther Apher Dial 16: 181-188, 2012
  5. Ohtake T, Oka M, Ikee R, Mochida Y, ishioka K, Moriya H, Hidaka S, Kobayashi S: Impact of lower limbs’ arterial calcification on the prevalence and severity of PAD in patients on hemodialysis. J Vasc Surg 53: 676-683, 2011

臨床腫瘍遺伝子研究部

安藤 清宏

[部長] 安藤 清宏

1998年4月 日本大学医学部卒業
1998年5月 日本大学医学部第一外科入局
2004年4月 日本大学大学院生理系機能生理学修了
2006年4月 がん振興財団リサーチレジデント
2009年5月 Dana-Farber Cancer Institute 博士研究員
2010年6月 Mount Sinai School of Medicine 博士研究員
2013年4月 湘南鎌倉総合病院臨床腫瘍遺伝子研究部医長
2013年4月1日〜現在 千葉県がんセンター客員研究員
2014年10月1日〜現在 日本大学医学部生体機能医学系生化学分野兼任講師
2015年1月〜現在 湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センター臨床腫瘍遺伝子研究部部長

詳細はこちら

研究テーマの概要

抗がん作用をもつ分子標的薬は、これまでに世界で60種類以上が承認されており、さまざまながんに対する化学療法に必要不可欠な薬剤となりました。当研究部では、前臨床試験において高い抗がん効果が期待されているCheckpoint kinase 1(CHK1)阻害剤の適切な臨床試験計画への応用を目指して、その作用の分子機構の解明および感受性決定因子の同定を行っております。

業績

  1. Thompson R, Shah RB, Liu PH, Gupta YK, Ando K, Aggarwal AK, Sidi S, An Inhibitor of PIDDosome Formation. Molecular Cell 2015 58(5):767-79.
  2. Yu F, Gao W, Yokochi T, Suenaga Y, Ando K, Ohira M, Nakamura Y, Nakagawara A, RUNX3 interacts with MYCN and facilitates protein degradation in neuroblastoma. Oncogene 2014 33:2601-2609.
  3. Ando K, Ozaki T, Hirota T, Nakagawara A, NFBD1/MDC1 Is Phosphorylated by PLK1 and Controls G2/M Transition through the Regulation of a TOPOIIα-Mediated Decatenation Checkpoint, PLoS One 2013, 8:e82744
  4. Li L, Shen C, Nakamura E, Ando K, Signoretti S, Beroukhim R, Cowley GS, Lizotte P, Liberzon E, Bair S, Root DE, Tamayo P, Tsherniak A, Cheng SC, Tabak B, Jacobsen A, Hakimi AA, Schultz N, Ciriello G, Sander C, Hsieh JJ, Kaelin WG Jr. SQSTM1 is a pathogenic target of 5q copy number gains in kidney cancer. Cancer Cell 2013 24:738-750
  5. Ando K, Kernan JL, Liu PH, Sanda T, Logette E, Tschopp J, Look AT, Wang J, Bouchier-Hayes L, and Sidi S, PIDD Death-Domain Phosphorylation by ATM Controls Prodeath Versus Prosurvival PIDDosome Signaling. Molecular Cell 2012 47:681-693

一般臨床治療研究部

賀古 眞

[部長] 賀古 眞

1970年3月 東京大学医学部卒業
1991年4月 帝京大学第4内科教授
2000年4月 社会保険都南総合病院院長
2003年4月 府中恵仁会病院院長
2010年4月〜現在 湘南鎌倉総合病院消化器病センター長
2015年1月〜現在 湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センター一般臨床治療研究部部長

詳細はこちら

研究テーマの概要

消化器病の分野は、消化管・肝・胆膵と広範囲にわたります。出血性胃潰瘍に代表される急性期疾患やC型肝炎に代表される慢性器疾患の治療。さらには腫瘍性病変の多くは、消化器分野で扱うため、研究テーマも多岐にわたります。消化器病センターでは、日常診療で疑問に感じられた事に対する究明や新たに導入された薬剤の適正使用の検討等、日常臨床に直ぐに役立つ臨床研究を中心に行っています。

主な研究テーマ

  1. C型慢性肝炎に対するオムビタスビル+パリタプレビル+リトナビル併用療法導入の検討
  2. ヘリコバクター・ピロリ感染におけるボノプラザン含有レジメンによる除菌療法の有用性の検討
  3. 血液透析患者におけるC型慢性肝炎に対するアスナプレビル+ダクラタスビル2剤併用療法導入の検討
  4. 肝性浮腫患者におけるトルバプタンの有効性について後ろ向き観察研究
  5. 非代償性 肝硬変患者に対する肝不全用経口栄養剤投与後の筋力/骨格筋量の変化の検討
  6. 血液を使った低侵襲がん診断に関わる研究
  7. ピロリ菌除菌後健康人における胃粘膜DNAメチル化レベルを用いた胃がん発生高危険度軍の捕捉に関する多施設共同前向きコホート研究

放射線治療研究センター

佐々木 康人

[センター長] 佐々木 康人

1963年3月 東京大学医学部医学科卒業
1968年3月 東京大学大学院医学研究科第一臨床医学専門課程(内科学)修了、医学博士(東京大学博医157号)
1968年4月 東京大学助手医学部附属病院第二内科
1969年1月 同上休職、米国ジョンズホプキンズ大学放射線医学核医学部門研究員
1973年10月 聖マリアンナ医科大学助教授(第三内科学講座)
1981年10月 東邦大学医学部教授(放射線医学講座)
1985年4月 群馬大学医学部教授(核医学講座)
1990年4月 東京大学医学部教授(放射線医学講座)
1996年11月 科学技術庁放射線医学総合研究所重粒子治療センター長
1997年4月 科学技術庁放射線医学総合研究所長
2001年4月 独立行政法人放射線医学総合研究所理事長
2006年4月 国際医療福祉大学副学長、大学院教授(放射線・情報科学分野)
2007年4月 国際医療福祉大学 放射線医学センター長、大学院教授(放射線・情報科学分野)
2008年5月 社団法人日本アイソトープ協会 常務理事
2013年4月 湘南鎌倉総合病院臨床研究センター長、横浜市立大学大学院客員教授
2016年1月~現在 湘南鎌倉総合病院附属臨床研究センター放射線治療研究センター長

詳細はこちら

研究テーマの概要

放射線診断(画像診断)、放射線治療、核医学各分野の技術開発と診療の高度化研究、放射線の生物影響機構とその防護対策研究、新しい放射性医薬品等の薬物開発研究を医学・看護学、物理・工学、化学・薬学、規制科学、各分野の専門家が連携して実施しています。

最近の主な業績

原著

  1. 本郷秀幸 ヘリカル強度変調放射線治療 前立腺がんの治療計画時と治療時の直腸放射線量の比較検討(大学院修士課程論文)

総説

  1. 佐々木康人 放射線医学―過去から未来へーBIO Clinica 2015, 30(2):115,

著書(含分担執筆)

  1. 佐々木康人 放射性・安定同位体の医療への応用 馬淵久夫、宮崎章、山下信義編 同位体環境分析 丸善出版 2015

  2. 佐々木康人 放射線の人体への影響 国立天文台編 平成25年・26年 環境年表 丸善出版 2013年

研究機関担当事務

[総務係] 芦原 教之

[経理係] 按田 沙織

概要

科研費およびその他外部研究資金の申請業務および発注・検品、旅費や謝金に関わる決済を含む研究費の管理・監査を行います。

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら