平成27年度 医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 419 238 285 619 1220 1632 3698 6268 5013 1012
平成27年度の退院患者数を年代別に割り振っております。(年齢は入院時点で集計)
当院は総合病院かつ救命救急センター指定病院であり、救急患者さんを断らず受け入れているため、幅広い年齢層に分布しています。
中でも後期高齢者を含む70歳以上の患者さんの割合は、全体のうち約60%を占めており、患者さんの高齢化が進んでいることが分かります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 324 23.48 21.69 10.49 85.30
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 251 12.30 14.34 4.38 78.46
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 174 22.09 18.99 5.75 80.52
内科は専門的に診る内科と総合的に診る内科があり、この表は総合的に診る内科になります。
また、複数科にまたがる管理が必要な場合(慢性心不全に胃潰瘍が合併した場合など)にも総合内科が対応します。
代表的な疾患としては、感染症(肺炎、尿路感染症、敗血症)や電解質異常(脱水、低カリウム血症、低カルシウム血症)、薬物中毒(睡眠剤、抗精神薬・抗うつ薬の過剰摂取)、膠原病(原因不明の不明熱や関節痛、皮疹)など、臓器特異的な症状を呈さない疾患などがあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査 1636 2.13 3.07 0.06 70.86
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 848 3.70 4.87 0.24 71.75
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 515 3.85 5.68 0 65.40
循環器内科にて症例が多いのは狭心症・心筋梗塞などの急性・慢性の虚血性心疾患の患者さんになります。
疾患に対して心臓カテーテル検査(診断)を行い、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を多く行っております。
開胸手術とは違い、低侵襲である事からも入院期間が短く済みます。
また、頻拍性不整脈に対して、カテーテルから主として高周波電流通電を局所異常回路に対して行い、不整脈を根治する治療法を行っており、対象疾患は、発作性上室性頻拍症、WPW症候群、心房粗動、頻発性心室性期外収縮でしたが、近年は発作性心房細動のみならず慢性心房細動に対しても積極的に行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 177 1.05 3.46 0 68.06
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 144 3.67 5.56 0 42.13
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 130 8.46 9.17 3.08 74.01
対象疾患は一般外科のほか、呼吸器外科(気管・肺・縦隔などの良性・悪性疾患)、消化器外科(腹部消化器全般の悪性腫瘍、胆石症・痔などの良性疾患など)、乳腺外科(乳癌・乳腺腫瘍)、内分泌外科(甲状腺・副甲状腺・副腎疾患など)、血管外科(胸腹部大動脈瘤・末梢血管・下肢静脈瘤・透析シャント造設など)、外傷外科と多岐にわたっております。また、腹部大動脈破裂・末梢血管閉塞・腸閉塞・腹膜炎・自然気胸・外傷などの緊急手術と広い範囲をカバーしております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 340 24.78 28.70 19.71 82.36
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 258 11.62 27.21 0 75.35
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 106 3.96 5.70 0 53.24
当院の外傷センターは救命救急センター併設型の外傷センターです。多発外傷および体幹外傷に関しては「外傷外科医」を中心にチームが形成され治療に当たります。また、切断四肢、開放骨折、血管損傷、挫滅損傷などの重症四肢外傷は「外傷整形外科医」が初期から一貫して治療を遂行します。さらに偽関節・変形治癒骨折などの難治性骨折合併症についても積極的に治療します。一般的骨折も「外傷整形外科医」が手術治療からリハビリテーションまで一貫管理を行います。
また、当院ではより専門性に特化した人工膝関節センターを設け、低侵襲であるMIS(最小侵襲人工関節置換術)を行うことで件数が伸びております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 126 2.99 3.26 0 3.56
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 97 3.39 6.84 0 8.18
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 25 4.36 5.12 0 43.2
形成外科で取り扱う疾患をあげると、以下のように分類できます。
新鮮熱傷(やけどの治療ー皮膚移植などの手術、その後のやけどの傷あとの治療)・顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷(切り傷の縫合~顔面骨骨折の手術)・口唇裂、口蓋裂(口唇裂は生後3ヶ月、口蓋裂は生後1~1.5歳で手術)・手、足の外傷、先天異常(外傷、巻き爪他、多合趾症などの先天異常の手術)・その他の先天異常・母斑、血管腫、良性腫瘍・悪性腫瘍およびそれに関連する再建(皮膚癌の手術、化学療法)・瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド(傷あとの修正手術)・難治性潰瘍、褥瘡などがあります。
脳神経外科、脳血管内外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099130x 脳梗塞(JCS10未満)治療 脳血管造影検査あり 170 7.97 19.87 50.00 71.59
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)治療 脳血管造影検査なし 92 8.09 18.08 40.22 78.01
010070xx9910xx 脳血管障害 脳血管造影検査あり 82 3.17 3.02 0 74.13
脳神経外科は、脳のみならず、脊髄・末梢神経も含んだ神経系すべてに関わる疾患の外科的治療を診療対象としています。
脳、脊髄、末梢神経に対する幅広い手術を最新の機器、技術にて提供する努力を続けています。
また、 当院は脳卒中センターを設けており、緊急治療から全身管理まで行い、カテーテル技術 を用いた脳血管内治療:血栓溶解療法、経皮的脳血管形成術(ステント留置術含む)、頸動脈ステント術(CAS)、動脈瘤コイル塞栓術などを急性期あるいは慢性期に、開頭することなく行います。もちろん開頭手術が適している場合は脳神経外科と協力して行います。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 32 17.78 25.69 0 69.38
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 26 10.73 18.74 3.85 75.27
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 23 25.96 29.80 8.7 70.48
当科では、成人心臓血管疾患を対象にした外科的治療を行なっています。
主な対象疾患として、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞後合併症)、心臓弁膜症、大動脈疾患(胸部・腹部大動脈瘤、大動脈解離など)、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)などの手術治療を担当しております。
産科、婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 91 3.2 6.34 0 41.71
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 90 3.26 6.17 16.67 0
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 57 4.75 10.18 0 47.32
婦人科では、幅広く様々な疾患に対する取り組みがなされています。低侵襲性の腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術を行っております。
悪性腫瘍に対しても腹腔鏡下手術は行われるようになり、子宮筋腫は子宮動脈塞栓術を含め、あらゆる治療法が選択できるよう心がけています。過多月経に対して子宮内膜アブレーション(MEA)も行っています。現在、円錐切除術や子宮鏡下手術、骨盤臓器脱の手術、腹腔鏡下手術の一部で日帰り手術を行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 11 2.27 3.38 0 16.27
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.72 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり - - 3.54 - -
屈折異常、白内障、緑内障、ぶどう膜疾患、網脈絡膜疾患など眼科一般を扱っています。
諸検査として屈折、眼圧、細隙灯顕微鏡、眼底、視野、蛍光眼底造影を行い、レーザー治療は後発白内障に対するYAGレーザーをはじめ、網膜光凝固、レーザー虹彩切開、隅角光凝固を施行しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 99 7.11 7.59 0 75.12
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 29 5.41 5.91 0 65.62
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 21 5.62 6.01 0 72.05
当科では、地域の中核病院として感染症、悪性腫瘍、尿路結石、排尿障害から尿失禁、男性更年期にいたるまで泌尿器科領域全般に対応し、地域のみなさまの健康に役立てるよう日々努力しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 気管支鏡検査あり 131 3.64 3.29 0 70.88
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 化学療法あり 105 14.27 13.38 0 68.90
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 68 21.01 20.63 0 74.43
呼吸器内科では、気管支炎・肺炎の原因となる感染性呼吸器疾患(ウイルス性・細菌性・結核性、その他)、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)、呼吸器系腫瘍・縦隔・胸壁腫瘍、びまん性肺疾患(間質性肺炎、サルコイドーシス 等)、職業性肺疾患(塵肺症、石綿肺(アスベスト))、様々な疾患に伴う急性・慢性呼吸不全、等疾患は多岐にわたります。できうる限り早く外来スクリーニングを行い早期診断に努めます。治療は呼吸器疾患ガイドラインに従い、その患者様に合わせた最善の治療を行います。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 81 13.1 13.64 1.23 70.43
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 腹膜透析あり 56 8.79 9.81 3.57 66.20
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 経皮的針生検あり 33 5.97 7.47 0 55.82
腎臓内科では、腎疾患診療はもとより免疫疾患、および動脈硬化関連疾患(血管疾患)の診療を積極的に行っていることが大きな特徴です。
腎疾患、免疫疾患、常染色体優性多発性のう胞腎・血管疾患の4つを主体とし、それぞれの疾患の病態をよく踏まえ、もっともよい治療法を患者さんに提供致します。特に、全身性エリテマトーデス(SLE)・ネフローゼ症候群・腎移植には定評があります。また、腎血管疾患・腎不全を持つ患者さんにも対応しています。
また、下肢末梢動脈疾患に対する血管新生療法を含む再生医療にも積極的に取り組んでいます。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法あり 78 15.59 17.69 0 70.97
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 化学療法あり 74 35.41 43.59 0 66.73
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 化学療法あり 39 28.28 36.93 0 68.51
高齢化社会に伴い血液系腫瘍である悪性リンパ腫、骨髄腫は年々増加していると統計的にも示されています。また高齢者の急性白血病も決してまれではありません。
かつて血液疾患は大学病院でなければ診療が難しいとされてきた科ではありますが、血液疾患の増加に伴い一般病院でもその疾患を取り扱うことが必要になってきました。
当科は、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)に加入しており、現時点で最良と考えられる最先端の治療を行っています。
急性白血病に対する治療はJALSGのプロトコールに準じた治療を行っています。
悪性リンパ腫は標準的治療であるR-CHOP療法、CHOP療法、治療抵抗性リンパ腫に対してはDEVIC療法をはじめとするサルベージ療法などを行っています。多発性骨髄腫に対してはレナリドマイド、サリドマイド、ベルケイド、MP療法を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 131 7.76 9.20 0 74.54
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 124 6.03 10.93 0 72.46
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 67 10.48 11.98 0 78.10
消化管(胃、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓疾患の患者さんを対象に、高度な医療機器を用いた精度の高い診断を行い、内視鏡治療やラジオ波焼灼療法などの内科的癌治療、更には外科(手術)、IVRセンター(血管内治療)、放射線科(放射線治療)、オンコロジーセンター(化学療法)との連携による集学的医療を実践しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 149 35 12 31 29 20 1 7
大腸癌 72 70 48 44 52 20 1 7
乳癌 41 42 - 10 26 - 1 7
肺癌 52 22 53 111 80 28 1 6,7
肝癌 - - 11 - 102 11 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。
2015年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 31 9.81 54.35
重症度 1 90 12.58 80.30
重症度 2 24 17.96 78.08
重症度 3 21 8.29 82.43
重症度 4 - - -
重症度 5 16 12.94 84.88
不明 - - -
成人の市中肺炎(普段の社会生活の中でかかる肺炎)の患者さんの人数を重症度別に集計しております。
成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを用いています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となります。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計対象外となります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 452 11.35 76.25 47.1
その他 13 12.15 79.54 1.08
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 10 6.00 73.30 0
その他 160 4.09 75.40 1.18
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 12 4.83 73.67 0
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞等の分類にあたる患者さんをICD-10コード別に集計しました。
※ICD-10コードとは国際疾病統計分類-第10回修正(ICD-10)に基づいて、様々な傷病名が分類され、コード化されています。例えば、「I633(コード)」といえば「アテローム血栓性脳梗塞(病気)」といったように、コードによってその病気が表されています。
※平均在院日数とは病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
※転院率とは該当する症例数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。
当院では回復期リハビリテーション施設や「かかりつけ医」との地域診療ネットワークを構築し、リハビリテーションが必要な場合には、熱心ですぐれた回復期リハビリ専門施設へ早期転院を可能とし、脳卒中後の転帰を少しでもよくできるように努力しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 19 4.42 11.05 15.79 76.21
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 14 2.64 4.57 0 69.93
K664 胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む) 13 27.54 21.08 15.38 77.62
この集計条件下では退院した診療科で集計されるため、実際には別の診療科で治療が行われている症例となります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 731 1.02 2.37 0.41 71.50
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 346 0.91 2.20 0 66.25
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 185 1.16 3.50 1.62 75.15
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術と経皮的冠動脈形成術とといった心臓カテーテル治療の症例が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。
身体への負担が少なく短期間で退院することができます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 277 0.25 0.91 0 66.57
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 167 0 0.04 0 68.26
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 131 0.06 2.53 0 42.13
腹腔鏡手術、胸腔鏡手術を1990年から導入し、患者さんに負担が少ない治療を率先して行なっています。
当院は日本で初めて日帰り手術を始め、現在全外科手術の約50%が日帰り手術センターで行なわれています。大きな手術でも当日入院が可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 280 1.8 19.14 16.43 78.99
K0821 人工関節置換術(膝) 253 1.13 8.81 0 75.11
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 176 1.58 9.23 0.57 58.48
1番目に多い手術は大腿骨頚部骨折に対する手術です。大腿骨頚部骨折とは太ももの骨(大腿骨)の付け根に近い部分の骨折です。
多くは骨粗鬆症の進んだ高齢者、女性に起こります。
2番目は人工膝関節置換術で可能な限り膝関節半置換術を試みます。これは輸血が不要で術後5日目に歩いて自宅へ退院されます。また、靱帯が不安定で半置換術の適応でない方には全置換術をします。全置換術の場合でも、全く筋肉を切らないMISと言う方法を可能な限り適用し、術後10日目に自宅へ杖で退院します。
その他の骨折、偽関節・変形治癒骨折などの難治性骨折合併症についても積極的に治療し、一般的な骨折もが手術治療からリハビリテーションまで一貫管理を行います。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 41 0.95 1.44 0 8.71
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 27 1 1.78 0 11.52
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 27 0.89 3 0 21.33
母斑、血管腫、良性腫瘍(皮膚にできているホクロやできもの、体表から触れられる腫瘍は形成外科で手術しています。)
1年間で、約500例の良性腫瘍の手術を行っています。
ほくろ、腫瘍、いぼ、おできなど小さいものであれば外来で手術を行います。また、形成外科では、傷あとがなるべく目立たなくなるような特殊な縫い方をします。
手術での切除はすべて保険適応です。
脳神経外科、脳血管内外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 85 2.62 11.18 0 80.24
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 38 2.26 2.89 5.26 77.37
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 36 1.67 20.42 2.78 73.50
慢性硬膜下血腫に対しての手術が一番多く、穿孔洗浄術にて、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引する手術です。2番目はカテーテル技術を用いた脳血管内治療:血栓溶解療法、経皮的脳血管形成術(ステント留置術含む)、頸動脈ステント術(CAS)、動脈瘤コイル塞栓術などを急性期あるいは慢性期に、開頭することなく行います。また、腰部脊柱管狭窄症に対しての椎弓切除術が3番目になります。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 33 4.82 17.15 3.03 72.97
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 25 2.84 19.60 4 67.80
K5602 大動脈瘤切除術(弓部) 23 2.43 22.39 8.70 72.30
1番目に多い手術は、弁膜症で、とくに僧帽弁閉鎖不全症に対して僧帽弁形成術を第一選択に考慮しております。弁置換術における人工弁の選択(機械弁/生体弁)には、患者様のライフスタイルに合わせて、十分な情報提供のもとに患者様と一緒に考えて決定します。心房細動を合併する患者様には積極的にMAZE手術(心房細動を停止させる手術治療)をおこなう方針としています。
続いて2番目は、冠動脈疾患で、患者様の状態を考慮した上で、心拍動下冠動脈バイパス術を積極的に施行しています。また、心筋梗塞後に心臓が拡大し心機能が低下している場合には、冠動脈バイパス術とともに左室形成術や僧帽弁形成術等をあわせて施行し、長期予後が改善するように努めています。不整脈の原因となる部位に対する冷凍凝固療法も適応のある症例には行っています。
3番目の大動脈疾患は、患者様のリスクを評価した上で、より安全な術式を選択するよう心がけております。急性大動脈解離、大動脈瘤破裂は発症からできるだけ早く手術することが救命につながります。
産科、婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 78 1.33 5.15 0 34.32
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 72 0.01 2.19 0 40.38
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 59 0.36 2.47 0 43.85
2015年の帝王切開は全部で122件でした。
婦人科手術は合計590件、うち腹腔鏡下手術が255件、子宮鏡下手術が57件(MEA10件含む)、癌の手術が51件(腹腔鏡下体癌6手術含む)、TFS(骨盤臓器脱のメッシュ手術)が55件、SSLF(骨盤臓器脱の非メッシュ手術)が16件でした。(2015年1月~2015年12月)
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 1465 0 0.8 0 76.38
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K2171 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
白内障手術が中心ですが翼状片、眼瞼、斜視の手術も行っており日帰り、入院手術も可能です。 白内障手術に関しては、従来からの単焦点眼内レンズの他、乱視用眼内レンズ、多焦点眼内レンズも導入しています。又、認知症の患者さんに全身麻酔下で両眼白内障手術も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 99 1.51 4.61 0 75.12
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 28 1 3.39 0 66.29
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 21 1 3.62 0 72.05
膀胱がんの経尿道的手術は尿道から膀胱に内視鏡を挿入し、先端の電気メスで腫瘍を切除します。
経尿道的尿路結石除去術は、麻酔をかけた痛みを伴わない状態で尿道から「尿管鏡」という細い内視鏡を挿入、結石をモニター観察下でのレーザー砕石、または鉗子での摘出を行う治療法です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 32 14.09 23.38 3.12 66.16
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 18.69 17.08 7.69 62.31
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
血液透析の目的は血液中の老廃物(尿素窒素、クレアチニン、リンなど)を取り除くことと、余分な体液を取り除くことにあります。
効率よく血液を取り出すことと、綺麗になった血液を体に返すことが必要となり、動脈と静脈をつなぐ内シャント設置術を行います。
動脈の血液の一部が毛細血管を経ないで静脈を流れるようにして作った太い静脈を“シャント”と呼びます。
シャント血管は、人工的に作成し長期間使用するため、血管内が細くなったり、詰まったりしてしまします。 充分な血液流量を確保し十分な透析をしていただくよう、血管を拡張したり、血管に詰まった血栓を取り除く手術を行ないます。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 16 6.75 24.69 0 71.19
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
当院はCT、MRI、PETを含めた最新機器の予約が非常にスムースにとれ、外科による協力体制のもと生検などの手術も非常に早くおこなえる、つまり初診から診断までが非常に早く、それが治療にいかせるというメリットがあります。
また、造血幹細胞移植は大学病院、がんセンターと連携をとっていましたが、2013年10月より自家末梢血幹細胞移植は当院で行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 134 1.09 5.72 0 74.09
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 112 0.84 8.71 0 73.68
K654 内視鏡的消化管止血術 90 0.34 6.81 2.22 74.31
1番目は胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。がんの周りの粘膜を切開し、粘膜下層(粘膜の下の層)を剝離して切除する治療法です。
2番目は総胆管結石など胆道疾患に対する内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)による手術で、胆汁の流れを良くするため、内視鏡を用いて胆道にチューブを留置します。ERCPにて、胆道の出口を切開し、結石を除去する治療も行います。
消化器内科では救急部と連携を行い、緊急性が高い内視鏡検査・処置(治療)が必要な疾患(消化管出血など)に対して迅速な対応を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 76 0.37
異なる 257 1.25
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 111 0.54
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)は感染症、悪性腫瘍等に合併する事が多い疾患です。敗血症、真菌感染症も悪性腫瘍などの治療経過中に免疫不全状態から合併する事が多い病態です。手術や処置などを行う際は合併症を起こさぬようにしていきます。
更新履歴
2016/09/30
病院指標を公開しました。