トップ>医療安全管理の指針

医療安全管理の指針

医療安全管理の指針

医療安全管理部門室の位置付け

「湘南鎌倉総合病院医療安全管理指針」に基づき、組織横断的に院内の安全管理を担うため、院内に医療安全管理部門室を設置する。また、組織全体が効果的・効率的に機能するよう、医療安全管理体制を整備する。

医療安全管理体制

事故調査委員会

医療事故発生時の当該事故に関わる院内関係者に対する指示・指導を行う。院長の指示受け原因分析のため招集される。

医療安全管理委員会

病院における医療事故防止の取り組みを効果的に推進し、病院全体に医療事故防止体制の整備を拡充するために設置し、医療安全策を審議する。

患者相談窓口

患者支援体制を整備し、患者との対話を促進している。当院での加療中もしくは加療終了した患者またはその家族に対して、家族が必要とした時に相談する体制を取る。ここで受けた相談は、週に1度医療安全部門室とカンファレンスを行う。

ラウンドチーム

当院における医療的・非医療的リスクを確認・把握・集積を行う。また、リスクに対し管理・抑制を医療安全管理部門室と連携して行う。多職種で構成されたラウンドチームは、定期的な安全維持活動を行う。

医療安全管理室よりお知らせ

患者さまおよびご家族の皆さまへ

○患者確認について

当院ではより安全な治療を受けるために、点滴や検査時にお名前と生年月日を一緒に確認させて頂きます。

○転倒・転落を防ぐためのお願い

ベッドから降りるとき、トイレ、洗面等への歩行時、入浴時、起立時、方向転換時等は注意して下さい。
ゆっくりと、つかまりながら動いてください。
また、遠慮なく看護師を呼んでください。

○入れ歯・めがね・貴重品の管理についてのお願い

入れ歯・めがね・貴重品の管理は、患者さま・患者さまのご家族で管理をお願い致します。

○病棟を離れる際のお願い

患者さまの安全を守るために、病棟を離れる際、外泊・外出の場合は医師の許可が必要となりますので必ず病棟スタッフに声をかけてください。

✻安全で快適な入院生活を過ごしていただくために、
ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

TOP