MENU

TRAINING

ローテーション研修レポート

ローテーションを経験し、
めざす目標が明確になった

ローテーションを経験し、
めざす目標が明確になった

  • お名前岡田昌樹
  • 出身地宮崎県
  • 出身校宮崎県立看護大学

看護師を目指そうと思ったきっかけは母親の存在です。自分の母は地元の市民病院の看護師として働いています。小さいころに一度母の働く病院に行ったことがあり、母が患者さんと楽しそうに話す姿や仕事をしている姿をみることがありました。患者さんの話を良く聞き、必要な処置を次から次にこなしている様子でした。そんな母の家とは違うてきぱきと働く看護業務の姿に感銘をうけて、自分も母親と同じ医療の道に進みたいと思い看護師を志すようになりました。

岡田昌樹

看護師を目指そうと思ったきっかけは母親の存在です。自分の母は地元の市民病院の看護師として働いています。小さいころに一度母の働く病院に行ったことがあり、母が患者さんと楽しそうに話す姿や仕事をしている姿をみることがありました。患者さんの話を良く聞き、必要な処置を次から次にこなしている様子でした。そんな母の家とは違うてきぱきと働く看護業務の姿に感銘をうけて、自分も母親と同じ医療の道に進みたいと思い看護師を志すようになりました。

私のローテーション研修

lotation01

[3ヶ月]

救命病棟

  • 患者受持ち(フォローあり)
  • 夜勤(見学夜勤)
  • 注射の準備
  • 十二誘導心電図
  • おむつ交換
  • 全身清拭
  • BLS(一次救命処置)

希望部署での喜びと不安を抱えて

4月から6月まで救命病棟に配属となりました。自分の希望していた部署であったので、うれしい反面、不安な事と両方が心の中にありました。救命病棟は患者様の入れ替わりが早いことや重症な患者さんが多く、業務の早さ・流れについていくことが難しかったです。しかし、先輩方から優しく指導をしてもらったので、大変勉強になった3か月でした。また学生時代と違って自分が主体となり受持ち患者さんのケアを行うので、看護師としての責任感を感じました。

↓

lotation02

[3ヶ月]

腎臓内科

  • 点滴・採血
  • 皮下注射
  • 夜勤(フォローあり)
  • 血糖測定
  • 複数患者の受持ち

じっくりと患者さんに向き合って

7月から9月まで腎臓内科・糖尿病内分泌科に配属となりました。腎臓内科では主に透析や糖尿病の教育入院の患者さん、腎臓移植をする患者さんなどが入院されています。なかには肺炎や心不全も併発している方もいるため腎臓疾患だけでなく全身の観察・管理を学びました。腎臓代替治療である、血液透析・腹膜透析を受けている患者さんに初めて接し、長期療養の実際について知ることが出来ました。救命センターとは違って入院期間が長い人が多いため、ゆっくりと疾患について学び患者さん一人一人の個別性のある看護を実行することが出来た3か月でした。

↓

lotation03

[4ヶ月]

脳神経外科・
心臓血管外科

  • 周手術期看護
  • 手術送迎(申し送り)
  • 検査送迎(血管造影)
  • 入院の手続き
  • 血管造影検査の見学

回復していく患者さんに接して

10月から1月までの4か月間、心臓血管外科・脳神経外科の混合病棟に配属になりました。救命・内科と違って、手術を控えた患者さんや手術後の患者さんを受け持つ機会が多かったです。術後は患者さんが日に日にリハビリを積み重ね、ADLが改善していき、退院していく過程が目に見えるので、術前に出来なかったことが手術によって出来るようになることを患者さんと一緒に喜びを分かちあえることができ、受持ちをしていてとても良い経験になりました。患者さんが回復していく姿を間近で感じ、仕事をしていてやりがいを感じることが多かったローテーション期間でした。

↓

自己評価・選択 / 部署評価 / 面接

↓

配属先決定

希望の救命病棟に配属

3Mローテーションでそれぞれの分野で経験してきましたが、自分は看護学校時代、災害時や急変時に最前線で活躍したいという夢を抱いており、救命救急センターで経験を積みたいという思いが強かったので、第一希望で配属になったことが夢の様な気持ちでした。
それと同時に、自分で選んだ部署に行くことが出来たので、より一層気持ちを高めて超急性期看護を実践していこうという意気込みを持ちました。

希望の救命病棟に配属

ローテーション研修インタビュー

ローテーション研修インタビューローテーション研修インタビュー

ローテーション研修の感想

1年間をかけて内科・外科・クリティカルそれぞれの分野で看護の技術や知識を学ぶことが出来たので、より多くのスキルを習得し多くの疾患が見られた有意義な1年間になりました。
3ヶ月ごとに各部署を異動するので、自分が環境に慣れることや患者層が違うことなどがあり大変でしたが、先輩や同期に支えられながら乗り越えることが出来ました。さまざまな疾患や発症から退院に至るまでいろいろな患者さんの状態を学べるので3Mローテーションをやってよかったと実感しています。

救命病棟に配属された感想

2月から配属になり、入職時と違ってできる看護技術や知識が増えているので、ローテーション時よりは、自信をもって患者さんを看れるようになりました。しかし救命病棟に入院している方は急変リスクや身体に大きな影響を及ぼす薬剤を投与している方もいるため、今まで経験してきた軽症患者の看護知識だけでは足りないことを実感しています。自己学習に加えて、部署内で救急患者対応や疾患などの勉強会が定期的に開催されているため、積極的に参加して知識や技術習得に向け日々努力しています。

これからの目標

1年間様々な経験をさせてもらい希望していた救命病棟に配属となったので、自分の夢である災害時や急変時に迅速に対応でき、現場の最前線で活躍できる看護師を目指していきたいです。また、母のように患者さん・その家族の気持ちに寄り添え、その時にその患者さんに必要な看護を提供できる看護師となれるよう、日々の業務を行い精進していこうと思っています。救急に関わる様々な資格取得をして、認定看護師の取得も視野に入れ準備も進めていきたいです。