代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

骨密度測定検査

最新機器を導入しました!~骨塩定量測定装置~

あなたの"骨"大丈夫ですか?

1)骨粗しょう症ってご存知ですか?

わが国の骨粗しょう症の患者数は、女性が約800万人、男性が200万人、合計1000万人いると推定されています。これは、日本の高齢化社会を反映し、増加傾向にあります。
骨粗しょう症とは、骨が粗(あらい)の状態、簡単に言うとスカスカの状態に変化してしまう病気です。しかも、そのように変化してしまうと骨全体の強度が著しく低下し、重度の場合、日常生活をおくっているだけでも骨折してしまう状態に陥る危険性があります。 寝たきりの原因の第一位が脳卒中、第二位が老衰、第三位が骨粗しょう症による骨折と言われています。
女性は、ホルモンバランスが変化する閉経後、骨量が減少しやすいと言われており、骨粗しょう症になってしまう方の割合が多くなると言われております。

男性は、女性に比べると骨粗しょう症になってしまう方の割合は低いと言えますが、加齢と共にカルシウムの吸収がしにくくなる為、70歳を過ぎると骨粗しょう症になる方の割合が高くなります。


  • 正常骨断面

  • 骨粗しょう症

2)骨粗しょう症の症状は?

骨粗しょう症は"静かな病気"と言われるように、静かに進行していく病気です。
初期症状:自覚症状は全くありません。 進行症状:脊椎変形による症状(腰が曲がる・身長が低下する・腰痛など)

3)自覚症状が無いってどうすればいいの!? 私は大丈夫!? と思われた方へ

一番大切な事は、現状を知る事です。
『骨塩定量検査』をお勧め致します。
『骨塩定量検査』は無症状の初期骨粗しょう症を発見する事が可能です。

4)骨塩定量検査って?

腰椎や大腿骨・前腕骨の骨量(骨の量)を測定します。

5)どうやって検査をするの?

検査寝台に寝ていただくだけで検査を行えます。
痛みや苦痛は全くありません。
検査時間は検査部位により異なりますが、10秒~120秒で終了します。

当院では、最新の骨密度検査装置を導入いたしました!ホロジック社製 骨密度測定装置

特徴
  • 検査精度が一番良いとされている方法(DXA法)を採用し検査を行っています。
  • 腰椎・大腿骨・前腕骨など様々な部位を検査することが可能です。
  • 全身の組成(骨量・脂肪量など)を計測する事ができます。
  • データ収集箇所が多い為、正確に尚且つ、短時間での検査が可能です。

6)骨粗しょう症の治療方法は?

大きく分けて3つの方法があります。

食事療法
食事によるカルシウムの摂取とカルシウムの吸収を促すビタミンDの多い食物の摂取を心がける。
運動療法
骨に対し適度な負荷をかけ、骨密度を保つ。また屋外に出る事により、日光を浴びる事により、皮膚から体内へのビタミンD産生を促す事ができます。
薬物療法
カルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミン剤などの投与。

7)骨粗しょう症を予防する方法はありますか?

日常生活で骨量を増やす努力をする事です。

予防3原則

  1. 食事による十分なカルシウムの摂取
    十分なカルシウム摂取を行う事で骨量減少を防ぐ。
  2. 適度な運動(過度に行う必要はありません)
    運動を行う事で、骨に適度な負荷を与える。
  3. 日光浴
    カルシウム吸収を助けるビタミンDの産生を促します。

8)最後に・・・

加齢により骨量(骨の量)が減少することは致し方ない事ではあります。
しかし、骨粗しょう症は単なる"老化現象"ではありません。"病気"です。
早期に発見し、早期に治療を行う事により快適な生活を送る事ができます。
『骨塩定量検査』は気軽に受ける事ができる検査です。(苦痛の無い検査です)
骨粗しょう症が心配な方、またそうでない方もチェックをしてみてはいかがですか?
ご相談は、担当医または、整形外科にてお受け致します。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ