代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

マンモグラフィ検査

概要

乳房X線撮影(マンモグラフィ)とは

乳房は乳腺(乳管や結合組織など)と脂肪で構成されています。
乳腺は年齢で変化し、また個人差があります。左右の乳房を比較して診断をするため、両乳房に同じ撮影を行います。
それらの組織を正確に判断できるように手で引き伸ばし、機械で圧迫して、乳房の厚さを均等にして撮影を行います。
圧迫による痛みを伴いますが癌を発見しやすい写真が撮れます。

乳房専用吸引式組織生検(マンモトーム)とは

マンモグラフィやエコー(超音波検査)で疑わしい物が見つかった場合、それが癌かそうではないのか、判断する為に用いる検査です。
疑いのある部分に3mm程の針を刺し、組織を吸引します。
針を抜いた後、圧迫止血し、テープで固定して終了です。
局所麻酔をして行いますので痛みはほとんどありません。
また、傷も手術と比べて小さな傷ですみます。

検査装置

乳房X線撮影装置


KONICA MINOLTA社製
PCM system

乳房専用吸引式組織生検装置


TOSHIBA社製 MGU100B形
JOHNSON&JOHNSON 社製 Quick Reference Guide

注意事項

上半身は何も身につけない状態で行います。
メガネ、ネックレス、ピアスははずして頂きます。
長い髪の毛は写真に写りこむ可能性があるで、結んで頂きます。
検査は女性技師のみで行いますが、多少密着した検査である事はご了承下さい。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ