代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

呼吸器外科

深井 隆太
深井 隆太/ 順天堂大学卒
呼吸器外科部長
認定等 日本呼吸器外科学会評議員、日本外科学会専門医・指導医、呼吸器外科専門医、日本がん治療認定医・暫定教育医、気管支鏡専門医・指導医
職歴
1998年 順天堂大学胸部外科
1999年 国立がんセンター中央病院内視鏡診断部
2003年 三井記念病院呼吸器外科
2008年 獨協医科大学越谷病院
所属学会 日本外科学会、日本呼吸器外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本肺癌学会、日本癌治療学会、International Association for the Study of Lung Cancer

外科、呼吸器内科、放射線(腫瘍)科と連携して、最先端の医療を行います。常に個々の患者さんにとってベストな治療が何かという視点で医療を行うことをこころがけています。
研究業績はこちら

詳細

スタッフ

西田 智喜
西田 智喜/ 京都大学 2007年卒
呼吸器外科医長
認定等 日本外科学会専門医、日本呼吸器外科学会専門医、気管支鏡専門医
職歴
2007年 湘南鎌倉総合病院初期研修医
2009年 湘南外科グループ(SSA)後期研修医
2012年 湘南外科グループ(SSA)外科チーフレジデント
2013年 湘南藤沢徳洲会病院 外科
2014年 日赤和歌山医療センター 呼吸器外科(3年間)
所属学会 日本外科学会、日本呼吸器外科学会、日本胸部外科学会、日本臨床外科学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本Acute Care Surgery学会
詳細

呼吸器外科ニュース

  • 2019年10月
    【学会発表】第72回日本胸部外科学会で「肺癌患者における手術の精神的健康度への影響」を発表しました(深井)。
  • 2019年10月
    【学会発表】第72回日本胸部外科学会で「当院における急性膿胸治療の検討」を発表しました(西田)。
  • 2019年7月
    【学会発表】第42回日本呼吸器内視鏡学会で「帯状疱疹後の横隔神経麻痺に対し胸腔鏡下横隔膜縫縮術を施行した一例」を発表しました(後期研修医:山口修央)。
  • 2019年7月
    【学会発表】第42回日本呼吸器内視鏡学会で「当院におけるvirtual-assited lungmapping(VAL-MAP)の検討」を発表しました(西田)。
  • 2019年7月
    【学会発表】第42回日本呼吸器内視鏡学会で「肺癌患者における手術の身体的健康度への影響 SF-36を用いた評価」を発表しました(深井)。
  • 2019年5月
    【学会発表】第36回日本呼吸器外科学会で「肺動脈、肺静脈との交通を有する巨大気管支動脈瘤の1例」を発表しました(西田)。
  • 2019年5月
    【学会発表】第36回日本呼吸器外科学会で「周術期リスクの高い膿胸患者に対するCTガイド下ドレナージの有用性の検討」を発表しました(西田)。
  • 2019年5月
    【学会発表】第36回日本呼吸器外科学会で「胸郭変形における胸肋挙上術の検討」を発表しました(深井)。
  • 2018年9月
    【学会発表】ERS INTERNATIONAL CONGRESS 2018 において、Feasibility study of cryobiopsy for practical pathological diagnosis including immunohistochemical assessment of primary lung cancerを発表しました。
  • 2018年5月
    【学会発表】第35回日本小児外科学会学術集会において、「胸肋挙上術後に呼吸器感染症状の改善が得られた漏斗胸の1例」を発表しました。
  • 2018年5月
    【学会発表】第35回日本呼吸器外科学会総会(アフターヌーンセミナー)で、『少数スタッフでもできる!、画像支援を用いた小型肺病変切除』というタイトルで、当院で行っている微小肺病変に対する胸腔鏡下精密縮小手術について発表しました。
  • 2017年12月
    2018年1月から木曜日に呼吸器外科外来(西田智喜医師)を開始します。
  • 2017年9月
    【学会発表】第70回日本胸部外科学会のパネルディスカッション進行胸腺腫、再発胸腺腫において『再発胸腺腫に対する積極的外科切除』を発表しました。
  • 2017年5月
    【学会発表】第34回日本呼吸器外科学会において、『小型肺病変に対するVAL-MAP(気管支鏡下色素マーキング後の切除)の症例の検討』を発表しました。
  • 2017年3月
    【学会発表】第25回アジア心臓血管胸部外科学会において、『Right Pneumonectomy for Pulmonary Aspergillosis: Report of a Case』を発表しました。
  • 2016年12月
    【学会発表】第57回日本肺癌学会学術集会において『総合外科チームにおける胸腔鏡下肺癌手術の検討』 を発表しました。

診療時間

AM 深井 西田
PM 深井 西田

外来日:【火・木】
9:00~12:00(受付7:30~12:00)
13:00~15:00(受付12:30~15:00)

今月の診療担当表はこちら

呼吸器外科

当科では原発性肺癌(気管支や肺から発生した癌)、転移性肺腫瘍(多臓器癌の肺転移)、縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう:胸の中心部にできる腫瘍)、気胸(肺から空気がもれて肺が縮む病気)、胸壁腫瘍、重症筋無力症さらに胸の炎症疾患である膿胸(のうきょう)、壊死性降下性縦隔炎(えしせいこうかせいじゅうかくえん)などを扱っています。

取り扱う病気

  • 肺悪性腫瘍:肺がん、肺肉腫
  • 転移性肺腫瘍:大腸がん、子宮がん、腎臓がんなど他臓器がんの肺転移
  • 縦隔腫瘍:胸腺腫、奇形腫、神経原性腫瘍など
  • 気胸:肺から空気漏れを起こす病気
  • 胸壁腫瘍
  • 重症筋無力症
  • 膿胸、壊死性降下性縦隔炎
肺の構造図

手術実績

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
肺癌 25 46 46 58 79
転移性肺腫瘍 4 11 7 9 14
縦隔腫瘍 9 9 3 8 10
気胸 33 40 29 32 29
漏斗胸 20 17 28 31 32
膿胸 6 0 5 5 11
その他(多汗症・生検など) 3 18 25 12 19
合計 100 141 143 155 194

徳洲会 呼吸器部会について

研修医募集

私は湘南鎌倉総合病院 呼吸器外科責任者の深井隆太と申します。

当科ホームページを閲覧していただき、ありがとうございます。
私は平成8年に順天堂大学を卒業し、そのまま2年間外科研修医として研修を行いました。その中でよい上司とめぐり逢い、呼吸器外科をしたいと思いました。正直、呼吸器外科自体に強い興味があったわけではなく、尊敬できる医師と出会えたことが道を決めるきっかけになりました。その後、医師の初期研修制度が変更され、知識や臨床経験に加えて手を動かす手技が主体となる外科は、研修医の先生たちにとってよりハードルが高い(まったくの私見ですが、外科医として頭の中の考えと手の動きが一致してくるのには7-8年ほどかかり、自分自身で主治医として患者さんの診療を行うには8-10年かかる、我々の仕事は手を使っていろいろなものを生み出す職人さんのようなものだと感じています)診療科になったのではないか、と感じています。
しかし、一旦経験や技量を身に付ければ、その手技によって直接患者さんの役に立つことができる、とてもやりがいのある仕事だと思います。
そのやりがいを感じるには、自分自身で自立して患者さんと向き合って呼吸器外科診療をしてもらいたいので、当科では研修する先生が将来責任者として呼吸器外科診療を行えることを目標に研修をしてもらいたいと考えています。

1) 施設認定
湘南鎌倉総合病院は、2020年新専門医制度による専門研修基幹施設です。

2) 診療体制
現在、呼吸器外科専門医2名で年間200例以上の呼吸器外科手術を行っており、十分な手術経験を積める状況が整っています。

3) 特徴
① 様々なアプローチの手術が経験できる
ステージⅠ期の患者さんが大部分を占める肺癌では、原則胸腔鏡下に手術を行っています。ただ、当院では無輸血手術を望む患者さんの手術も積極的に行っており、その場合には、開胸下に区域切除、肺葉切除を行っています。また、術者は限定していますが、ダヴィンチ手術も開始しています。

② 多様な膿胸診療(治療)が経験できる
ERが充実しているため、ほぼ常時膿胸の患者さんが入院しており、手術ドレナージ繊維素溶解療法、そして有瘻性膿胸に対する気管支充填など、患者さんの状態に応じて多様な治療を経験できます。

③ 外科医が気管支鏡をする
呼吸器外科専門医2名がともに気管支鏡専門医であり、日常的に診断を含む気管支鏡を用いた診療を行っていて、病変のマーキングとしてVAL-MAP (virtual-assited lung mapping) を多数実施しています。現在はVAL-MAP2.0の先進医療に参加しています。また、EWS (Endobronchial Watanabe Spigot)を使った気管支充填も積極的に行います。年間数例ではありますが、気道ステント留も行っています。

④ 他の診療科との密な医療連携
週1回、呼吸器内科、IVRセンター、放射線腫瘍科、そして病理診断科と合同で呼吸器カンファレンスを行っています。単科では診療が難しい症例を中心に、多様な視点から最先端の医療の現状を学ぶことができます。

⑤ 積極的な学術活動
臨床的な発表を中心に、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会、さらに日本胸部外科学会などで、毎年積極的に学会発表を行っています。また、発表の一部を英語論文として、形にしています。当院で行っているVAL-MAPはアメリカやヨーロッパの英文誌で発表されています(詳細は当科ホームページの研究業績を参照してください)。

⑥ 異物を使用しない漏斗胸手術
世界的にも珍しい異物を使用しない独自の胸肋挙上術を胸壁外科と一緒に実施しています。通常再建を行わない呼吸器外科医にとって、胸壁再建という未知の領域を経験できます。

4) 研修例
① 外科専門医取得を含む呼吸器外科研修(3年間)

② 外科専門医取得後の呼吸器外科研修(2年間)

③ 呼吸器外科研修+希望研修(例)

*研修期間は3カ月程度など、短期間でも隋時相談いたします。見学についても、随時受け付けいたします。

5) 連絡先(湘南鎌倉総合病院 外科)
℡:0467-46-1717(PHS: 9937)
Email:tyamanashi@shonankamakura.or.jp

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ