代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

気胸とは?

気胸について

通常は陰圧に保たれている胸腔(きょうくう)内に何らかの原因で空気が流入し、胸腔内の陰圧が保てないために肺が虚脱してしまう状態(疾患名ではなく、結果として生じる病態)、つまり肺がちぢんだ状態のことをいいます。
多くは肺嚢胞(ブラ)からの空気漏れが原因です。

症状は、胸痛、咳、息苦しさ(動いたとき)などです。胸の中でプクプクする感じ(空気の移動による症状と考えています)という方もいます。動いているときだけでなく、じっとしていても起こります。症状の出現は、ある日突然です。

胸部レントゲン写真で肺の縮み具合をみて、治療方針を決定します。

左肺がちぢんだ状態

左肺がちぢんだ状態

症状

  • 胸(背部)痛:時に肩に放散する
  • 呼吸困難、咳
  • プクプクする感じ

発症時の状況

  • 体育の授業中
  • 朝洗面中
  • 通勤電車内
  • 新聞を読んでいたら突然
  • 排便中

気胸(肺虚脱)の程度

胸部レントゲンで虚脱の程度を見ます。

軽度(Ⅰ度) 虚脱肺の肺尖(肺のてっぺん)部が鎖骨陰影より頭側にある
中等度(Ⅱ度) Ⅰ度とⅢ度の中間の虚脱
虚脱肺の肺尖部が鎖骨陰影より下(足)側にある
高度(Ⅲ度) 完全虚脱またはこれに近いもの(50%以上の虚脱)

Ⅱ度以上の気胸は胸に管(ドレーン)を入れて脱気を行う方針です。

気胸(肺虚脱)の程度

旨腔ドレナージ(管を入れて脱気)

管はドレーンパックにつながり、パックは点滴台に固定します。
患者さんは点滴台を持って歩きます。
管の治療で改善すれば管を抜いて退院です。
管の治療だけでよくならないときや、気胸を繰り返すときは手術を考慮します。

胸腔ドレーン

胸腔ドレーン

手術適応

絶対的適応
  • 胸腔ドレナージで空気漏れが続くとき
  • 胸腔ドレナージをしても肺の再膨張が得られない
  • 血胸(1000ml以上の出血もしくは200ml/時以上の持続出血)
  • 両側同時性気胸
相対的適応
  • 再発を繰り返す
  • 初回でも虚脱が高度で気腫性肺嚢胞が画像で確認される
気胸の再発率
手術した場合10%以下
手術しなかった場合 初回から2回目:30~40%
2回目から3回目:70%以上
(おおまかな目安の数字です)
胸腔鏡手術の侵襲
手術時間30~60分
出血量10~20ml
術後入院期間2~3日間
手術侵襲が少ないため、最近では初回気胸でも手術を行うケースが増えています。

気胸に対しては、原則傷の小さい胸腔鏡下手術を行います。
3ヵ所の穴を開けて肺嚢胞を切り取ります。

  • 手術風景

    手術風景

  • ポート挿入位置

    ポート挿入位置

  • 手術終了時

    手術終了時

気胸はやせた若い男性(10代後半~30代前半)に多い病気ですが、長年タバコを吸った中高年にも起こります。
以前気胸で手術をした患者さんの年齢分布では、若い方だけでなく、50-60歳代にも気胸の患者さんがいました。

手術になった中高年気胸の方は、ほとんどがタバコを10年以上吸っている方でした。

気胸の年齢分布

若年層と中高年層の二層性ピーク

手術になった気胸

手術や入院が難しい場合

急な入院が難しい方には、外来対応できる携帯型気胸ドレナージセットを使用して対応します。

携帯型気胸ドレナージセット

女性特有の気胸

女性特有の気胸もあります。月経随伴性気胸(胸腔内子宮内膜症:子宮内膜組織が横隔膜や肺に迷入して起こる気胸)です。
月経(生理)に一致して、繰り返し気胸を起こします。

月経随伴性気胸(CP:Catamenial pneumothorax)
30代・40代に多く、ほとんどが右側です。
胸郭内子宮内膜症(TE:Thoracic endometriosis)
異所性子宮内膜を胸郭内に認めるものです。
子宮内膜症の2%
  • 胸膜横隔膜子宮内膜症(80%):月経時に気胸、血胸
  • 肺子宮内膜症(20%):血痰
胸部レントゲン

胸部レントゲン写真でⅡ度(中等度)の気胸がみられます

胸部CTでは肺嚢胞は見られません。
あまり知られていない病気なので、普通の気胸と同じように扱われることもあります。
ほとんどが右におきるので、30-40代女性の繰り返す右気胸はこの病気を疑って診断・治療目的に手術をします。

胸部CT

胸腔鏡手術所見

  • 横隔膜

    横隔膜の腱中心(けんちゅうしん)に多数の異所性子宮内膜組織(矢印)がみられます。

  • 横隔膜部分

    自動縫合器で病変を含む横隔膜部分を切除します。
    横隔膜切除部をサージセル®で被覆します。

  • 顕微鏡所見

    切除した横隔膜の顕微鏡所見です。
    横隔膜内に子宮内膜組織がみられました。

  • 免疫染色

    組織学的にも異所性子宮内膜が証明されました。

この患者さんでは術後気胸の再発はありませんでした。
横隔膜の病変を切除すると、たとえ術後に気胸が起こっても、肺の縮む程度が軽くなったり、気胸の回数を減らすことができ、社会(家庭)復帰が可能になります。

術後6ヶ月再発なし

術後6ヶ月再発なし

手術困難な場合

肺気腫、間質性肺炎などもともと肺に基礎疾患がある方に発症する気胸を続発性気胸と呼びます。これらの患者さんは高齢者に多く、手術の難易度が高く、全身麻酔のリスクも高いことが一般的です。このような場合はひとまず胸膜癒着療法という治療を行います。
ミノマイシン(抗生物質)、ピシバニール(抗悪性腫瘍薬)といった薬剤を使用することが一般的で、人工的に胸腔内に炎症を惹起することで肺と胸壁の癒着を促し、肺の穴をふさいでしまうという治療です。ただ、この治療には痛みや発熱を伴うことが多く、場合によっては肺そのものを傷めつけることもある治療方法です。これらの副作用を避けるために、自己血(自分自身の血液)を採取して胸腔内に入れるという治療もありますが、当院では特定生物由来製剤である生体糊とアルブミン製剤を組み合わせて胸腔内に注入することで、比較的良好な成績をおさめています。

有瘻性膿胸

気胸を合併した膿胸のことです。空気漏れを止めなければ膿胸が治ることはないのですが、手術できないような寝たきりの症例が多いため、内視鏡を使用した気管支充填術を行っています。下記のシリコン物質はEWS(Endobronchial Watanabe Spigot)と呼ばれますが、空気漏れの部位へつながる気管支を同定後、これらを詰めることで治療します。

有瘻性膿胸
PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ