代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

脳血管障害予防センター

森 貴久
森 貴久/ 京都大学医学部卒 医学博士
脳血管障害予防センター長(脳卒中センター長兼任)
認定等 AJNR Editorial Board member、AHA/ASA Professional Member、米国神経放射線学会(ASNR)正会員、日本脳神経血管内治療学会指導医
所属学会 日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本神経放射線学会
専門分野 脳卒中治療
Reviewer
  • Neurosurgery
  • Stroke,SNIS,PlosOne
  • Circulation:Cardiovascular Intervention
  • Springer Verlag
詳細

脳血管障害(脳梗塞、脳出血)発症の危険性を評価し、予防する上での問題点を明らかにし、具体的な予防策を講じます。

脳血管障害予防センター設立の目的

脳血管障害・脳卒中(脳梗塞と脳出血)にかかりたくない方、再発したくない方は多いですが、どうすれば予防できるのか具体的な対策を指導できる医師や施設は非常に少ないと思います。
何種類もの薬剤(高血圧 糖尿病 高脂血症など)を内服していたのに脳卒中を発症した多くの方が脳卒中センターに入院されています。脳ドックで毎年MR撮影受けていたのに脳卒中を発症した方もおられます。薬剤内服だけやMR撮影だけで脳卒中を予防できないことは明らかです。

ではどうすれば予防できるのでしょうか?

発症を予防する上で個々の問題点を明らかにし、個々にあった具体的な対策を立案し提供するために設立しました。脳卒中(脳梗塞や脳出血)の既往があり再発が心配な方は「病院」の脳血管障害予防センターを受診して下さい。
再発危険因子を明らかにし具体的な再発予防対策を立案し、本人と普段のかかりつけ医に提供いたします。

一方、脳血管障害になりたくないと「MR検査が主役の脳ドック」を受けている方もおられるでしょう。
しかしMR撮影中心の「脳ドック」で脳血管障害・脳卒中が予防できれば楽ですが、出来ないのではないかと不満を持っておられる方もおられるでしょう。
脳血管障害予防センターでは脳血管障害発症危険因子を検出し対策を立案するという、本当に予防するための具体的な対策を明らかにする「脳卒中予防特別プログラム」を健康管理センターで提供します。
世間の脳ドックとは一線を画します。

脳卒中予防特別プログラム

脳血管障害予防センター長 医学博士 森 貴久 (脳卒中センター長兼任)

運営ブログ・サイト


湘南鎌倉総合病院 脳血管障害予防センターサイト

 

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ