代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

小線源治療

小線源治療

小線源治療とは

小線源治療は悪性腫瘍に対する放射線治療の一つです。小線源治療にはいろいろな方法がありますが、当院では、リモートアフタローディングシステム Remote After-Loading System:RALSという機器を用いて行います。当院では主に子宮がんの治療に、この治療法を用いています。放射線を放出する5mm程度の小さな粒(線源)を様々な器具を用いて腫瘍のそばに一定時間おき、腫瘍に放射線を照射します。この治療には次のような特徴があります。

①腫瘍のごく近くから放射線を当てるため、大量の放射線を腫瘍に照射することが可能となり、効果的に腫瘍細胞を死滅させることができます。②放射線が広がらないので、周囲の正常組織の被ばくを最小限に抑え、副作用を軽減することができます。

治療法について

治療の手順は以下の通りです。腫瘍の周りに専用の管(アプリケーター)を配置します。その管の中に線源を送り込みます。この線源をコンピュータ制御によって数㎜単位で少しずつ動かすことで、照射すべき範囲に適切な量の放射線を照射することができます。どこにどのように放射線を照射するかということは、病変部位のCT画像やMRI画像をもとに、専用のコンピュータを使って決定していきます。準備を含めて1-2時間の治療で、線源が体の中にはいっている時間は数分から十数分です。

線源は常時、安全に遮蔽された線源庫に格納されています。線源の体内への移動、照射、回収はすべてコンピュータによる遠隔操作で行われます。

子宮内にアプリケーターを入れた様子

体外照射 トモセラピーと小線源治療について

小線源治療は、通常は外から放射線をあてる体外照射と組み合わせて使われます。まず体外照射で、腫瘍細胞があると予想される広い部分に放射線を照射し、その後明らかに腫瘍がある部分に小線源を用いて集中的に放射線を照射していきます。

当院では体外照射には高精度の放射線治療装置トモセラピーを用いております。この治療は従来の放射線治療機器に比べて、放射線を腫瘍部位に正確に、かつ集中的に照射することができます。従って、腫瘍周囲の正常組織に照射される放射線を極力減らすことができます。

トモセラピーと小線源治療装置を有する施設は全国でも数多くありません。当院ではこれらの治療機器を適切に組み合わせ、より効果の高い、副作用の少ない治療を目指していきます。

当院では主に子宮がんの治療にこの治療法を用いています。子宮がんに対するこの治療の歴史は古く、十分に効果が検証されている治療です。子宮がんのなかでも、子宮頸がんにおいては、転移がない状態であれば病気の大きさにかかわらず手術と同じような効果を期待できます。(腫瘍が大きい場合は抗がん剤の治療を併用する必要があります。)

スタッフ全員で協力して、よい治療を安心して受けていただけるように取り組んでいきます。小線源治療は女性スタッフが担当します。


小線源治療室

小線源治療実績

2017年度 2018年度
小線源件数 13人/29件 18人/60件


2019年のトピック

小線源治療(RALS)の治療計画をCT画像を用いて行っています。直腸や膀胱などの正常臓器の放射線量を正確に評価しながら治療できるようになりました。

放射線治療に関する問い合わせ、申し込みについて

患者様へ

放射線治療についてのお問い合わせ、申し込みについて(患者様、各医療機関の方々へ)

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ