代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

湘南鎌倉先端医療センター

湘南鎌倉総合病院では、2020年に「湘南鎌倉先端医療センター(仮称)」の開設を計画しています。

湘南鎌倉先端医療センターとは

湘南鎌倉先端医療センターは、がん医療に特化した最先端医療を提供する先端医療センターです。
がん医療に関し、化学療法や放射線治療の標準治療はもちろん、先進的な臨床・研究施設として、陽子線治療やBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)、RI(放射性同位元素)内用療法、PET(陽電子放射断層撮影)を用いた創薬研究・支援などに取り組みます。

センターの先端医療

陽子線治療

陽子線は体表面から深い位置でエネルギーが急速に高まり、その後、急速に低下します。狙った病変に強い線量を効率良く集中し、他の正常組織へのダメージが軽減するのが特徴の治療です。4月の診療報酬改定で保険適用が拡大され、頭頚(とうけい)部がん、骨軟部がん、前立腺がん、小児がんの一部が保険診療となりました。

BNCT

BNCTはがん細胞に取り込まれやすいホウ素化合物を静脈注射し、中性子を照射すると反応してα線が発生、がん細胞を内部から破壊するという治療です。国内では関西と東北地方の2カ所で治験を行っている段階です。

PET検査

「PET検査」とは「陽電子放射断層撮影」という意味で、がん細胞だけに目印をつけることができる新しいがんの検査方法です。
PETを用い、医薬品開発の早期の段階に、新薬の候補物質をヒトに低用量投与し、薬物動態を調べるマイクロドーズ試験(新薬として見込みのある物質を絞り込む試験)も視野に入れ、創薬研究・支援に取り組みます。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ