代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

経カテーテル大動脈弁留置術 TAVI

「TAVI(経カテーテル大動脈弁植え込み術)」は、身体への負担が少ない大動脈弁狭窄症の最先端治療です。

大動脈弁狭窄症とは

大動脈弁狭窄症とは心臓弁膜症のひとつで、大動脈弁の開きが悪くなり、血液の流れが妨げられてしまう疾患です。
軽度のうちはほとんど自覚症状がありませんが、病状が進むと動悸や息切れ、疲れやすさなどの症状が現れ、重症になると失神や突然死に至る可能性もあります。

TAVIとは

大動脈弁狭窄症に対する治療は主に①薬剤による内科的治療、②弁を人工の物に交換する外科的治療(弁置換術)、それから最近始められた③カテーテルを用いて人工の弁を植え込むTAVIの3つに大きく分かれます。基本的に症状のある大動脈弁狭窄症は②または③の手術治療が必要となります。ここではTAVIについて説明していきます。

TAVIとは重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法で、開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に留置します。
低侵襲(治療のために患者さんの体を傷つける度合いが少ないこと)に加えて、人工心肺を使用しなくて済むことから、患者さんの身体への負担が少なく入院期間も短いのが特徴です。
TAVIは今のところ、高齢のために体力が低下し、またはその他の疾患などのリスクを持っているため、外科的治療(上記②の弁置換術)を受けられない患者さん等が対象の治療法です。そのため治療に伴い、合併症が発生することもあるので適応を慎重に決定する必要があります

TAVIの治療法

TAVIには2通りのアプローチ方法があります。ひとつは太ももの付け根の血管から挿入する「経大腿アプローチ」、もうひとつは肋骨の間を小さく切開し、心臓の先端(心尖部)から挿入する「経心尖アプローチ」です。

湘南鎌倉総合病院のTAVI

当院では、重症大動脈弁狭窄症に対する最新の治療法であるTAVIを2012年より開始し、その治療法の発展とともに歩んできました。

当院ではその実績に根差し、最先端のTAVIデバイスを日本国内承認申請用の治験として用いることも可能ですので、外科的大動脈弁置換術や既存のTAVIデバイスでは治療困難であった患者さんでも治療可能となる可能性があります。
またSAPEIN-XT、SAPIEN3、CoreValve、EvolutRという4つのTAVI手技に関する指導医資格を持つ医師も在籍しています。

当院は心臓専門病院ではなく総合病院ですので、心臓以外に疾患を抱えている患者さんに対しても、院内で対応が可能です。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ