代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

更新
2020.03.12

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

こちらのページでは患者様から寄せられるよくあるご質問に対して、Q&A形式でお答えをしております。

2020.3.12掲載

Q:発熱と咳があり新型コロナウイルスが心配です。受診すべきですか?

A:症状が風邪のように軽ければ、自宅で休まれていてください。症状の軽い人まで病院に集まってしまうと、待合室に人混みができてしまい、新型コロナではなかったのに、病院に行ったばっかりに新型コロナに感染して帰ってくる可能性があります。症状が軽い方が病院に行かないことこそが感染拡大を防止するうえで重要なのです。病院に人混みを作らないことで、体調不良で受診してくる乳幼児や高齢者、基礎疾患のある人を守ってください。

Q:どんな症状ならすぐに受診をすべきですか?

A:発熱、咳、ノドの痛みなどの風邪症状がある方は、自宅で休まれるかご心配ならお近くのかかりつけ医を受診してください。ただし、呼吸が苦しい、だるさが強い、自宅で休んでも4日以上改善しない場合はかかりつけ医もしくは救急外来を受診してください。また、ご高齢の方や高血圧、糖尿病、心臓や呼吸器に持病がある方、免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方は、目安として2日以上症状が改善しない場合や、2日たたなくてもご家族からみて具合が悪く緊急だと感じた際に受診をお勧めします。

Q:軽症のうちに診断した方が重症化が予防できるのではありませんか?

A:いいえ、早めに受診しても重症化を予測することはできませんし、軽症の段階から使用できる治療薬もありません。たしかに、高齢者や基礎疾患がある方については、重症化するリスクが存在します。何らかの見守りが必要になることもありますから、体調のことで気になることがあったり、2日程度たっても症状が改善しないのであればかかりつけ医に早めに相談することをお勧めします。

Q:会社から「新型コロナウイルスではない」と病院で証明してもらうよう言われました。診断書はかいてもらえますか?

A:様々な検査を行っても新型コロナウイルス感染を100%否定できるものではありません。「新型コロナウイルス感染症ではありません」という証明書、診断書の発行はできませんので予めご了承下さい。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ