医師スタッフ・後期研修医募集診療科一覧【血液内科】
⇒ HOME  ⇒ 後期研修医TOP  ⇒ 募集診療科  ⇒ 血液内科
申込み・問い合わせ、見学会の連絡はこちらへ
■
湘南地域の地元で血液疾患の標準的な診断治療ができる。そして診断から最後まで一貫して診療を行う。
no_image血液内科部長・副院長 田中 江里
血液内科部長・副院長 田中 江里
(1)血液内科を苦手としている総合内科の先生方
(2)地域に血液疾患がいなくて短期間で多くの症例を経験したい方
(3)初期研修で湘南鎌倉総合病院に来たかったけれども来られなかった方
(4)血球減少でみられる特殊な感染症を経験してみたい方
上記条件にあてはまり、当院で働いてみたい方を募集します。
一般病院でどこまで血液内科の診療を行っているのか見てみて下さい。人間関係で働くのに疲れた方、短期間でも当科で働いてみませんか。きっと楽しく働けるはずです。
■ 概 要
血液疾患は決して珍しい疾患群ではなく、また大学病院、専門病院でないと治療ができないというわけではありません。 高齢化が進む中、総合内科で受けている患者さんの中に多くがまぎれこんでいます。
当院には良性の血液疾患から悪性の疾患までバラエテイーにとんでおり、ほぼすべての一般的な血液疾患をみることができます。 また他科との協力体制がよく、診断までが非常にスムースです。 また基本的に診断から治療、そしてターミナルケアまで一貫して行うことを目標としてます。
看護師、薬剤師、リハビリ、心理士、ワーカーとの連携もよく非常に働きやすい部署です。
当院では若い研修医にもローテーションをしてもらっています。 本来自分がやりたいことを思い出せたなどローテーションでえるものも大きいようです。
■ 診療科の魅力 (他院との違い)
1.診断から看取りまで一貫して学ぶことができる。また治療に関してもまた患者マネジメントとしても総合的な力がつく。
2.良性から悪性疾患までバラエテイーにとむ血液疾患を短期間に研修できる。
3.働きやすい職場
4.マルクの件数が非常に多くスライドだけでも勉強になる。
5.血液疾患は化学療法によりよくなる疾患が多く、治療の実感がえやすい。
■ 診療科の魅力 (本院における血液内科の特徴)
総合内科とも連携して行っているためそれらのカンファレンスにも参加可能です。
■ 実 績
マルク 478件  新規患者  急性白血病 19件、多発性骨髄腫 15件、ITP 19件  悪性リンパ腫 71件  慢性白血病 10件  MDS 32件、再生不良性貧血 3件、特発性血小板減少性紫斑病 19件、自家末梢血幹細胞移植 10件
■ スタッフ数  
4名(専門医 4名)
■ カンファレンス/レクチャー  
(1)入院カンファレンス(週1) 1週間に入った入院患者のすべてのレビュー
(2)外来カンファレンス(週1) 血液内科外来初診患者のレビュー
(3)多職種カンファレンス(週1) 治療方針確認と退院方針
■ 研修カリキュラム
目  的 : 1.悪性リンパ腫 白血病、骨髄腫の診断方法、ステージング、予後、治療方法を学ぶ
2.化学療法を行ううえでの副作用の予測と起きた時の対処を学ぶ
3.白血球減少期のマネージメントを学ぶ
4.末梢血のスライドに親しむ。5.マルクを合併症なく行いその所見をよめるようになる。
6.治療期間中の患者の社会的背景、心理状況を把握し、他のスタッフと協力しながら全人的医療を行う。またそれを行うためのチームリーダーとはどのように動くかを学ぶ
このページのトップへ