医師スタッフ・後期研修医募集診療科一覧【リウマチ科】
⇒ HOME  ⇒ 後期研修医TOP  ⇒ 募集診療科  ⇒ リウマチ科
申込み・問い合わせ、見学会の連絡はこちらへ
■ 関節リウマチの及び膠原病のトータルマネージメントを目指します。
no_image内科・リウマチ科部長 吉澤 和希 写真
内科・リウマチ科部長 吉澤 和希[Yoshizawa Kazuki]
大学でできるような基礎研究はできませんが、症例豊富な病院で多彩な患者さんの経験をつむことができます。 将来総合的な内科診療の礎を築くにはうってつけの科です。
医師不足の中で今後必要とされる専門医+総合内科医の両刀使いのできる全身のトータルマネージメントができる医者を目指しましょう。
■ 概 要
後期研修希望者は各科内科サブスペシャリティのローテーションも可能です。 最初の1年は総合内科に所属していただき、内科医として基本的な全身のマネージメントを学んでいきます。
関節リウマチは最初外来見学から始めて、順次新患外来→予約外来と指導医のサポートのも元で学んでいただきます。 患者数は潤沢であり種々の関節リウマチ・膠原病の患者を経験することができます。 医局に属さない形ですので、フットワークの軽い研修が可能です。
リウマチ学会の認定施設でありリウマチ専門医の取得が可能です。
■ 診療科の魅力 (他院との違い)
大学所属で立ち上げた科ではありませんので、常時同じリウマチ専門医の指導の元で働いていただく形となります。 リウマチ患者については非常勤医師の応援がないと機能しないほど多いです。(現在は350人程度)
当院はERからの総合内科への入院が多く、中小規模病院ではなかなか経験できない重症患者の診察が可能です。
合併症含めて種々の多彩なバリエーションの患者を経験することができます。 関節リウマチについては抗リウマチ薬の治療の他に生物学的製剤の治療や治験も積極的に行っております。
■ 診療科の魅力 (本院におけるリウマチ科の特徴)
医局に属さない形の病院ですので、数年間の研修も可能です。 専門医取得も可能です。
徳洲会は全国に多数の病院があり、サテライトクリニックもしくはまだまだ地方では少ないリウマチ外来の立ち上げの協力にも参加できます。 各内科のサブスペシャリティのローテーションも可能です。
膠原病は各科の密な連携が必要な全身疾患であり、 いわゆる内視鏡のような「手に職」的な部分は少ないものの、総合内科的な「頭に職」的な外来・病棟のマネージメントが可能になり地味ではありますが内科医として一生の宝となるでしょう。
■ 実 績
2010年度
  外来リウマチ膠原病患者数  およそ450名
  入院患者は月7名程度(主に総合内科で対応)
■ スタッフ数  
スタッフ1名(非常勤医4名)
後期レジデント  0名
■ カンファレンス/レクチャー  
火曜日夕方 :
  総合内科医むけに難しいケースのカンファ
  後期研修医いれば抄読会検討
■ 研修カリキュラム
目  的 : 関節リウマチ・膠原病疾患の全般に渡る入院・外来診療を担当し、専門的トレーニングを行います。
リウマチ専門医の取得を目標として、外来診療の独り立ち、入院患者の基本的マネージメントの自立を目標とします。
内  容 : 標準の3年間では、最初の1年は総合内科もしくは各内科専科のローテション  外来見学
2年目は僻地離島研修3ヶ月の後にリウマチ外来診療を新患外来もしくは継続外来診療  病棟主治医となります
3年目以降は外来・病棟診療の独り立ち及び学会発表及び専門医の取得を目指します。 現在の指導医は東洋医学会専門医であり漢方の診療の指導教育も合わせて行っていくことも可能です。
このページのトップへ