【急募】後期研修医募集診療科一覧【整形外科】
⇒ HOME  ⇒ 後期研修医TOP  ⇒ 募集診療科  ⇒ 整形外科
申込み・問い合わせ、見学会の連絡はこちらへ
no_image病院長 塩野 正喜 写真
病院長 塩野 正喜 [Siono Masaki]
外傷センター設立に向けて
昨年の東日本大震災を契機に、地域の消防・行政・医療機関・住民等の要望により湘南鎌倉総合病院が救急救命センター新規指定の対象候補となりました。これを受け、救急救命センターに向けた整備が急務となり、同時に外傷センターの設立が必須となりました。 まずは救急救命センター併設型外傷センターでの開設を考えており、将来的には国内外から評価されるような独立した湘南トラウマセンターを目指します。
■ 整形外科 概要
当院 整形外科は、骨折、捻挫、腱損傷、開放損傷、神経損傷、疼痛を主とする急性疾患には、24時間救急外来で対応し、整形外科はオンコール対応しております。切断肢(指、趾)を除くほとんどの症例に対応可能です。
◆肩関節疾患 五十肩、腱板断裂、リウマチ、肩関節脱臼、肩周囲の脱臼・骨折を中心に肩関節鏡視下手術・人工骨頭・人工肩関節を含めた幅広い診療を行っています。
◆膝関節疾患 靭帯損傷、半月板損傷に対する鏡視下手術、膝周囲の脱臼・骨折に対する手術を含めた治療を行っています。
◆手・肘関節疾患 靭帯・軟骨・腱損傷・神経麻痺の手術、肘以下の脱臼・骨折に対する手術を含めた治療を行っています。
◆脊椎・脊髄疾患 手足の痺れ、歩行障害、腰痛、上肢・下肢痛(疾患としては、頚椎症性脊髄症、頚部・腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、など)に対して検査、保存治療を行っています。

【お問い合わせ】

湘南鎌倉総合病院 医師対策室    〒247-8533 神奈川県鎌倉市岡本1370-1
TEL:0467-46-1717   FAX:0467-45-0190   E-mail ← こちらをクリックしてください。

■ プログラム/コース名
整形外科後期研修プログラム
■ プログラムの特徴/沿革など
湘南鎌倉総合病院は地域の急性期病院の中核をなし、神奈川県の救急救命センタ-にも指定されている。救急車の受け入れ件数は40台/日と非常に多く、中でも外傷の占める割合は多い。整形外科ジェネラリストとしての研修にはうってつけの病院である。
■ 到達目標やアウトカム
整形外科医としての基本的診察能力の獲得
整形外科専門医習得のために必須な症例の経験
特に脊椎疾患に関してはスペシャリストの養成
■ 年次到達目標/年間研修スケジュール
整形外科地方会での発表 1-2回/年
■ 休暇/学会出張などの条件
病院の規定に従うが、発表・聴講は積極的に支援
■ 週間スケジュール
週1-2回の外来、週1回程度の当直
■ 募集人員
週1-2-4年  短期は6ヶ月から可能 要相談
■ 研修期間
2-4年  短期は6ヶ月から可能 要相談
■ 学会施設認定・取得可能な資格など
2-日本整形外科学会研修認定施設
■ 現在の指導体制
2-指導医 2名
■ 指導医からのメッセージ
若手の医師の育成を楽しみにしています。
このページのトップへ