医師スタッフ・後期研修医募集診療科一覧【人工膝関節センター】
⇒ HOME  ⇒ 後期研修医TOP  ⇒ 募集診療科  ⇒ 人工膝関節センター
申込み・問い合わせ、見学会の連絡はこちらへ
■
日本で最初のMIS(最小侵襲手術)センターとして、術後早期の回復を目指し、血栓症などの合併症リスクを低減させています。
no_image人工膝関節センター長 巽 一郎
人工膝関節センター長 巽 一郎 [Tatsumi Ichiro]
初診の患者さん・ご家族に合同の説明会で、膝の痛みが起こる原因について解説しています。 まず保存的に痛みを取る方法を試します。 膝関節の軟骨が全く無くなって、手術にて紹介頂いた患者さんの45%が手術や薬ではなく、痛みをコントロールされています。この保存療法が無効な方には手術を予定していきます。可能な限り膝関節半置換術を試みます。 これは輸血が不要で術後5日目に歩いて自宅へ退院されます。靱帯が不安定で半置換術の適応でない方には全置換術を予定します。術前1ヶ月に自己血を貯めて手術に臨みます。 全置換術の方も全く筋肉を切らないMISと言う方法を可能な限り適用し、術後10日目に自宅へ杖で退院します。 術後は1年に1回定期点検が必要です。手術を行った年だけは1,3,6ヶ月目にも診せて頂きます。
■ 概 要
患者さんに最も適した最小侵襲手術(MIS)を提供しています。様々な保存療法へのアプローチ、手術が必要な場合は出来るだけUKA(膝関節単顆置換術)を適用しています。前十字靭帯の効いていない症例には筋肉を切らないTKAで術後早期の回復を目指すことで血栓症などの合併症リスクを低減させています。  また術後の運動解析などを行いより自然な膝関節機能再現のために研究も行っています。 術前はすべてコンピュータによる3次元術前計画を施行し、一人一人の患者さまに合った人工関節の機種・設置位置を検討し、手術は再短時間・最小侵襲で行うことを目指しています。
■ 診療科の魅力①
膝関節の再建術に特化することで specialist を目指せます。一般整形外科に在籍していると多くの頸部捻挫や骨折の手術に圧倒され、膝だけを研究したり手術することは難しいですが、当センターでは膝に特化することが出来ます。毎日膝関節だけを診ることは、ドクター側にとっては慣れることで技術が飛躍的にのびるというメリットがあります。患者側にとっても膝を診てもらう上では大いなる安心感になります。
■ 診療科の魅力②
膝関節の再建という治療だけではなく、新しい手術機械の開発や膝運動機能解析などの研究も行うことが出来ます。UKA(膝関節単顆置換術)にしても、TKA(膝関節全置換術)をおこなうにしても、大腿四頭筋を温存して行うことをもっとうとします。
■ 実績
2010年 診療実績@人工関節センター
   初診外来:400名
   再診外来:1365名
   人工膝関節手術:205件
■ スタッフ数
非常勤を含めDr.3名、Nrs3名、コーディネーター1名
■ 責任者からのメッセージ
整形外科の一通りの研修を終えた後、膝関節を専門にしたいなと考えている先生にとっては、手術数も患者数も多いので技術習得には最適だとおもいます。
このページのトップへ