トップ>受診される方へ>診療科のご案内>消化器外科

消化器外科

消化器外科

 対象疾患は消化器全般にわたります。
悪性疾患としては食道・胃・大腸癌の根治手術のほか、肝臓癌・膵臓癌・胆道癌に対する手術、転移性肝癌・原発性肝癌に対するラジオ波による腫瘍焼灼術、経動脈的塞栓術・経動脈的化学療法などを行っております。

 

食道癌

食道癌診断・治療ガイドライン(日本食道学会)に基づき、治療方針を検討しています。公開医学講座「食道癌のお話」も定期的に開催していますので、興味のある方は是非ご参加ください。

0期食道癌
粘膜内にとどまるがんが相当します。消化器病センター(消化管内科)において内視鏡的切除を行います。

I期食道癌
粘膜下層まで浸潤を認めるがんが相当します。深達度により消化器病センター(消化管内科)での内視鏡的切除、又は当科での外科的切除が適応になります。

内視鏡的切除後に粘膜下層深部への浸潤を認めた場合には、追加治療として外科的切除もしくは化学放射線療法を検討します。

II〜III期食道癌
術前化学療法としてFP療法(5-フルオロウラシル+シスプラチン)を2サイクル施行した後に根治切除を行います。

手術不耐と判断された場合、手術を希望されない場合には根治的化学放射線療法を検討します。

IVa期食道癌
周囲へ浸潤を認めるがん、遠くのリンパ節まで転移を認めるがんなどが相当します。術前化学療法により切除が期待できる場合には、II~III期と同様に術前化学療法としてFP療法(5-フルオロウラシル+シスプラチン)を2サイクル施行した後に根治切除を行います。

治癒切除が難しい、手術に不耐と判断された場合、手術を希望されない場合には根治的化学放射線療法を検討します。

化学放射線療法が困難な場合には、症状緩和のための食道ステント留置、栄養のための胃瘻造設などを検討します。

IVb期食道癌
肝臓、肺などに遠隔転移を認めるがんが相当します。治癒が望めないことが多いため、延命治療としての化学療法、緩和治療としての放射線療法・化学放射線療法が行われます。症状緩和のための食道ステント留置、栄養のための胃瘻造設なども検討します。

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
食道亜全摘術 4 3 5 4 5
下部食道切除術 0 0 1 0 0


 

胃癌

胃癌治療ガイドライン(日本胃癌学会)に基づき、治療方針を検討しています。
公開医学講座「胃がんのお話」も定期的に開催していますので、興味のある方は是非ご参加ください。

IA期胃癌
粘膜内もしくは粘膜下層までにとどまるがんが相当します。

大きさ、組織型などで判断しますが、可能なものは消化器病センター(消化管内科)において内視鏡的切除を行います。

内視鏡的切除の適応外となる場合には腹腔鏡下胃切除術を検討します。

IB期癌
早能な限り腹腔鏡手術を行います

IIA~IIIC期癌
基本的には開腹手術による胃切除およびリンパ節郭清を行いますが、年齢・合併症の程度などから低侵襲性を優先して腹腔鏡下に手術を行うこともあります。

II期の一部およびIII期に対しては術後補助化学療法としてS-1(ティーエスワン)1年間内服を行っております。

またIII期の一部では根治性を高めるため術前化学療法を行うこともあります。

IV期・再発胃癌
遠隔転移を伴う例、根治切除不能例・再発例に対しては全身化学化学療法のほか、閉塞解除のためにステント留置、バイパス手術なども行います。

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
胃部分切除術(開腹) - - - - 1
胃部分切除術(鏡視下) - - - - 1
幽門側胃切除術(開腹) 25 32 30 25 26
幽門側胃切除術(腹腔鏡下) 17 22 21 16 15
胃全摘術(開腹) 22 20 16 15 19
腹腔鏡下胃全摘術 4 3 1 7 5

 

 

大腸癌

大腸癌治療ガイドライン(大腸癌研究会)に基づき、治療方針を検討しています。大腸癌は緊急で来院される方も少なくありませんが、人工肛門造設をふくむ緊急手術や経肛門的大腸ステント留置などは24時間対応可能です。

公開医学講座「大腸がんのお話」も定期的に開催していますので、興味のある方は是非ご参加ください。

0期大腸癌

粘膜内にとどまるがんが相当します。消化器病センター(消化管内科)において内視鏡的切除を行います。

I期大腸癌

粘膜下層まで浸潤を認めるがんが相当します。深達度により消化器病センター(消化管内科)での内視鏡的切除、又は当科での外科的切除が適応になります。

手術適応症例に対しては可能な限り腹腔鏡下手術を行います。

II~III期大腸癌

可能な限り腹腔鏡下手術を行いますが、手術歴、進行具合によっては開腹手術が望ましいこともあります。

II期の一部およびIII期に対しては術後補助化学療法としてUFT/LV、カペシタビン(ゼローダ)、S-1(ティーエスワン)など経口抗がん剤を半年間内服していただきます。III期の一部の方には点滴の抗がん剤を併用するXELOX療法(カペシタビン+オキサリプラチン)を行います。

IV期大腸癌

肝臓、肺などに遠隔転移を認めるがんが相当します。治癒が望めないことが多いため、多くの場合には延命治療としての化学療法が選択肢となります。しかし、転移巣も含めた切除が可能と判断された場合には原発巣および転移巣の手術を行っております。

進行・再発例に対しては分子標的薬を含む化学療法や、病勢制御・症状緩和のための放射線療法も積極的に行っております。

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
開腹大腸切除術 53 25 27 39 39
腹腔鏡下大腸切除術 31 51 66 54 81
開腹低位前方切除術 16 9 10 10 8
腹腔鏡下低位前方切除術 20 29 9 24 21
腹腔鏡下超低位前方切除術 - - - - 1
腹会陰式直腸切断術 8 4 3 3 4
腹腔鏡下直腸切断術 3 8 10 6 4

 


良性疾患

当院は胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術の日帰り手術を日本で初めて行い、現在では標準術式として認識されています。そのほか食道アカラシア、直腸脱、内痔核など良性疾患に対する手術や特発性食道破裂、胃十二指腸潰瘍穿孔、腸閉塞、大腸穿孔などの緊急手術も多数行っており、24時間365日対応しております。

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
突発性食道破裂 - - - - 4
胃十二指腸潰瘍手術 25 28 18 18 20
腸閉塞・穿孔手術 68 87 54 74 82
虫垂切除術 216 217 205 123 132
(うち鏡視下) - - - - (25)
胆嚢摘出術 - - - - 218
(うち鏡視下) 256 219 227 190 (207)
(うち緊急手術) - - - - (66)
ハルトマン手術 - - - - 22
人工肛門造設術 - - - - 31

 

 

外科へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら