トップ>受診される方へ>診療科のご案内>血液内科

血液内科

玉井 洋太郎

鎌倉市出身
H15年 聖マリアンナ医科大学卒業 
H24年 東京医科歯科大学 大学院卒業
静岡がんセンター血液・幹細胞移植科、国立国際医療研究センター血液内科を経て
湘南鎌倉総合病院血液内科へ入職
H28年4月より血液内科医長
医学博士、日本内科学会認定医、日本血液学会専門医・指導医、公益財団法人 骨髄移植推進財団 調整医師、細胞治療認定管理師、造血細胞移植認定医

日本内科学会・日本血液学会・日本癌学会・日本造血幹細胞移植学会・日本輸血細胞治療学会

血液内科サイトへ

スタッフ

神戸 栄美子
横浜市出身
H13年 山梨医科大学卒業
H18年 日本大学 大学院卒業
日本大学 血液内科、春日部市立病院 血液・腫瘍科、国立がん研究センター 支持・緩和療法科を経て
湘南鎌倉総合病院血液内科へ入職
医学博士、日本内科学会認定医、日本血液学会専門医

日本内科学会・日本血液学会・日本緩和医療学会・日本臨床腫瘍学会・日本サイコオンコロジー学会

佐藤 淑
山形県酒田市出身
H22年 兵庫医科大学卒業
H22年から湘南鎌倉総合病院にて研修開始
H26年 チーフレジデント 
日本内科学会認定医、日本血液学会専門医

日本内科学会・日本血液学会・日本プライマリケア学会・日本消化器内視鏡学会

田中 江里(非常勤)
浜北市(現浜松市)出身
H4年 浜松医科大学卒業
H4年4月から茅ヶ崎徳洲会病院、湘南鎌倉総合病院にて研修開始
H8年 湘南鎌倉総合病院チーフレジデント
H10年12月からH12年2月までNYコーネル大学、スローンケタリングがんセンター、カルバリーホスピタル(ホスピス)、NYホームケアにて研修
H12年2月から湘南鎌倉総合病院血液内科スタッフ
H16年 血液内科部長
H19年より副院長
H29年6月より葉山ハートセンター院長
日本内科学会総合内科専門医・日本血液学会専門医

日本内科学会・日本血液学会・日本骨髄腫学会・日本臨床腫瘍学会・日本検査血液学会・日本感染症学会・日本サイコオンコロジー学会

施設認定

当院は、日本血液学会認定血液研修施設です。

日本血液学会認定血液研修施設証
日本血液学会認定血液研修施設証

運営ブログ・サイト

湘南鎌倉総合病院 血液内科サイト

血液内科診療担当表(予約制)

 
午前 玉井 洋太郎
神戸 栄美子
(再診)
玉井 洋太郎
(再診)
神戸 栄美子
(再診)
佐藤 淑
 
玉井 洋太郎
神戸 栄美子
(再診)

玉井 洋太郎
岡田 怜

玉井 洋太郎
(再診)
神戸 栄美子
佐藤 淑(再診)
--
午後 玉井 洋太郎
  (再診)
        --

※ AM9:00~12:00    PM13:00~15:00

診療内容と特徴

高齢化社会に伴い血液系腫瘍である悪性リンパ腫、骨髄腫は年々増加していると統計的にも示されています。また高齢者の急性白血病も決してまれではありません。
かつて血液疾患は大学病院でなければ診療が難しいとされてきた科ではありますが、血液疾患の増加に伴い一般病院でもその疾患を取り扱うことが必要になってきました。
当科は、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)に加入しており、現時点で最良と考えられる最先端の治療を行っています。
急性白血病に対する治療はJALSGのプロトコールに準じた治療を行っています。
悪性リンパ腫は標準的治療であるR-CHOP療法、CHOP療法、治療抵抗性リンパ腫に対してはDEVIC療法をはじめとするサルベージ療法などを行っています。多発性骨髄腫に対してはレナリドマイド、サリドマイド、ベルケイド、MP療法を行っています。

造血幹細胞移植は大学病院、がんセンターと連携をとりお願いしていましたが2013年10月より自家末梢血幹細胞移植は当院で行えるようになりました。
また高齢化地域であることもあり骨髄異形成症候群も多く、外来で定期的に輸血をされることでこれまでと同じ生活が維持できるようサポートしています。
その他にも良性疾患としての血小板減少症、骨髄増殖性疾患、全身疾患に伴う貧血などもみられ、常に良性から悪性疾患まで幅広い疾患を扱っています。

当院はCT、MRI、PETを含めた最新機器の予約が非常にスムースにとれ、外科による協力体制のもと生検などの手術も非常に早くおこなえる、つまり初診から診断までが非常に早く、それが治療にいかせるというメリットがあります。また緊急時の対応は救急外来や内科の協力を得て行っています。
標準的な化学療法、治療が遠方にいかなくても地元で行えること、そして診断から最後まで一貫性のある診療をさせていただくことを基本理念にしています。

実績

湘南鎌倉総合病院 血液内科 2015年実績(2015/01/01~12/31)

・骨髄検査 475件/年
・新規診断患者
 悪性リンパ腫 84例、急性骨髄性白血病22例、急性リンパ性白血病 9例
 慢性骨髄性白血病10例、慢性リンパ性白血病4例、骨髄異形成症候群21例
 多発性骨髄腫31例、再生不良性貧血7例、特発性血小板減少性紫斑病11例
・自家末梢血幹細胞移植7例
 

学会、研究会発表 

29.冨山周作、玉井洋太郎、佐藤淑、神戸栄美子、田中江里
     血小板減少を合併し著明な出血傾向をきたした第V凝固因子欠乏症
     (第16回 TTMフォーラム 2016年3月 東京)

28.田中江里
     多発性骨髄腫の病態と治療について
     (KANAGAWAがんセミナー 2016年3月 横浜)

27.田中江里
     当院ET症例のレビュー
     (KANAGAWA MPN Forum 2016 2016年1月 横浜)

26.佐藤淑、神戸栄美子、玉井洋太郎、田中江里
     移植後慢性GVHDの一症状である閉塞性細気管支炎を発症した1例
     (第33回 神奈川若手血液研究会 2015年11月 横浜)

25.伊藤亮治、玉井洋太郎、佐藤淑、神戸栄美子、田中江里
     Retrospective analysis of super-elderly patients with multiple myeloma in our hospital
     (第77回 日本血液学会学術集会 2015年10月 金沢)

24.佐藤淑、神戸栄美子、玉井洋太郎、田中江里
     腫瘍期菌状息肉症に対しVP-16+MST-16で部分奏功を得られたが癌性心内膜炎により死亡した1例
     (第77回 日本血液学会学術集会 2015年10月 金沢)

23.佐藤淑、冨山周作、西口翔、北川泉
     2週間ショックバイタルが続き来院した70歳男性の1例
     (第6回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2015年6月 つくば)

22.佐藤淑、神戸栄美子、玉井洋太郎、田中江里
     Volinostat抵抗性腫瘍 菌状息肉症の1例
    (第32回 神奈川若手血液研究会 2015年5月 横浜)

21.田中江里、佐藤淑、神戸栄美子、玉井洋太郎
     All the presenting author and co-authors have no relevant financial relationship to disclose
     (第6回 日本血液学会国際シンポジウム 2015年5月 軽井沢)

20.伊藤亮治、稲垣俊一郎、神戸栄美子、玉井洋太郎、田中江里
     診断に難渋した難治性溶血性貧血の一例
     (第112回 日本内科学会総会 2015年4月 京都)

19.田中江里、佐藤淑、神戸栄美子、玉井洋太郎
     多彩な神経症状を呈した非ホジキンリンパ腫の一例
     (第112回 日本内科学会総会 2015年4月 京都)

18.玉井洋太郎、佐藤勉、佐藤淑、神戸栄美子、田中江里
     迅速CD34陽性細胞数測定による末梢血幹細胞採取時間短縮への取り組み
     (第37回 日本造血幹細胞移植学会総会 2015年1月 神戸)

17.十倉満、木下大輔、稲田悠、田中江里
     免疫抑制療法が奉公した Aquired pure megakaryocytic aplasia の1例
     (日本内科学会関東地方会 2012年7月 東京)

16.田中江里、工藤まどか、和足孝之、小野淳、白石英晶、日比美智子、佐藤公俊、西口翔、菅波由有、北川泉
     骨髄穿刺における第一穿刺液と第二穿刺液における細胞数の違い
     (日本内科学会総会 2012年4月 京都)

15.田中江里、三村勇造、和足孝之、衣川直子 ほか:
     骨髄穿刺において第一穿刺液と第二穿刺液における細胞数の違い
     (日本臨床血液学会総会 2011年10月 京都) 

14.大庭礼美、久武純一、川上恵一郎、原田浩史、森啓(昭和大学藤が丘病院血液内科)、田中江里:
     腹腔鏡下脾臓摘出術が奏功したクームス陰性自己免疫性溶血性貧血の1例
     (日本内科学会 第577回 関東地方会 2010年12月)

13.東敏弥、曽我昇、久保唯奈、廣瀬薫、田中江里:
     ステロイド少量投与で顕在化した結核性胸膜炎の1例
     (日本内科学会 第576回 関東地方会 2011年11月)

12.青松昭徳、東敏弥、日比美智子、田中江里:
     悪性リンパ腫治療中に発症したBacillus cereus敗血症と脳膿瘍
     (日本内科学会 第575回 関東地方会 2011年10月)

11.日比美智子、堀込俊郎、東敏弥、石岡邦啓、田中江里:
     著明な赤血球破砕症候群を契機に再発が確認された胃癌術後の1例
     (日本内科学会 第573回 関東地方会 2011年7月)

10.佐々木雄一、佐藤公俊、田中江里:
     肺癌に対する化学療法後1年で発症した治療関連性骨髄異形成症候群(t-MDS)
     (日本内科学会 第571回 関東地方会 2010年5月)

9.田中江里、山本浩之、佐藤亜希子、関知嗣、西口翔
   悪性リンパ腫患者における慢性腎臓病(CKD)の割合と治療後の変化
   (第71回 日本血液学会総会 2009年10月)

8.田中江里 ほか:
   t(8;21)(q22;q22)急性骨髄性白血病の白血球関連因子と予後解析の多施設共同研究(後方視的検討)
   (第71回 日本血液学会総会 2009年10月)

7.菅波由有、田中江里:
   門脈血栓症を合併し胃静脈瘤からの出血後に診断されたatypical CML
   (日本血液学会総会 2008年10月10日 京都) 

6.持田泰寛、田中江里:
   ボルテゾミブによる腫瘍崩壊症候群をおこした多発性骨髄腫の2例
   (日本血液学会総会 2008年10月11日 京都)

5.田中江里、本田謙次郎、福田真、大竹剛靖、小林修三:
   両側腸腰筋、恥骨筋、大腿内転筋内に多発性腫瘤を形成したBJP型多発性骨髄腫
   (日本臨床腫瘍学会学術集会 2009年3月21日 名古屋)

4.関知嗣、田中江里、荻野秀光:
   胃静脈瘤からの難治性出血に対して脾動脈部分塞栓術を行い止血しえた膵臓原発悪性リンパ腫
   (日本臨床腫瘍学会学術集会 2009年3月20日 名古屋)

3.田中江里 ほか:
   当院における肺炎球菌感染症の現状
   (日本内科学会総会 2008年4月12日 東京)

2.田中江里、高橋佐枝子:
   Imatinibを6年間内服継続し心不全を発症した慢性骨髄性白血病CMLの症例
   (日本血液学会総会 2008年10月12日 京都)

1.持田泰寛、田中江里:
   ベルケイドによる腫瘍崩壊症候群の1例
   (神奈川骨髄腫研究会 2008年6月 横浜)
 

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら