トップ>受診される方へ>診療科のご案内>神経内科

神経内科

川田 純也

金沢医科大学
神経内科部長
日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本頭痛学会専門医、日本神経生理学会認定医(脳波、筋電図・神経伝導分野)、日本認知症学会専門医、日本脳卒中学会専門医、医学博士、日本医師会認定産業医、Movement Disorder Society(international)、Movement disorder Society Japan、日本てんかん学会など

山本 大介

山本 大介

順天堂大学
神経内科医長
日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本脳卒中学会専門医

診療内容

神経内科(脳神経内科)は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに、このような病気を疑います。症状としては、けいれん、頭痛、身体の脱力、ろれつが回らない、見にくい、もの忘れ、ふるえ、かってに手足や体が動いてしまう、しびれ、筋肉のやせ、筋肉の痛み、めまい、意識障害、うまく力が入らない(脱力)など、多様に扱っています。

受診について

神経内科への初診での受診に際しては、原則紹介状をもらって、予約取得をお願い致します。

代表的な対象疾患

  • パーキンソン病とその類縁疾患
    パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症など
  • 不随意運動
    舞踏病、ジストニア、振戦など
  • 頭痛
    片頭痛、群発頭痛、三叉神経痛、リウマチ性多発筋痛症など
  • 多発性硬化症
  • 筋萎縮性硬化症
  • 多発筋炎、皮膚筋炎、重症筋無力症
  • ギラン・バレー症候群
  • 認知症
    軽度認知障害、アルツハイマー型、レビー小体型認知症、前頭・側頭型認知症など
  • てんかん
  • 脳血管障害
  • ボツリヌス治療
    片側顔面けいれん・眼瞼痙攣、痙性斜頚、痙性麻痺

特徴

私たちの身体の中でも特に神経系:脳、脊髄、末梢神経、筋肉は構造が複雑で互いに密接に関連しており、それらの疾患の症状も多彩で、所見を取るのも高度なスキルを必要とし、確実な診断が難しい領域です。
医師の間でも神経・筋疾患というと苦手にする方が多く、近年MRIを中心とした画像診断が発達してきて、特に脳血管障害の領域では、誰でもかなり正確に診断ができるようになってきましたが、他の神経疾患はちょっと、と言われことが多いのが現状です。画像診断が発達しても、いまだ画像だけでは診断が困難な神経疾患は数多く存在します。
当科では、そのように画像診断だけでは診断できない神経疾患を病歴聴取、理学所見を大切にして確実な診断と標準的な治療をすることに力を入れています。現在は、特にパーキンソン病ならびにその類縁疾患、認知症の鑑別、習慣性頭痛、てんかんの方が数多く受診されております。当科は、日本神経学会准教育施設に認定されています。
スタッフは日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本頭痛学会専門医資格を持っており、種々の神経疾患に対して十分対応できる体制ができています。3.0テスラのMRI、SPECT、脳波、針筋電図神経伝導検査、超音波などの診断機器はすべてそろっております。日本神経生理学会の脳波分野ならびに筋電図・神経伝導分野の認定資格があります。
入院診療は、神経内科独自の診療とともに、総合内科とも連携して診療を行っている特徴があります。私たちの診療については、当科サイトもご参照下さい。

スタッフ募集

私たちは一緒に仕事を通じて成長する仲間を求めています。湘南鎌倉総合病院の救急病院・急性期病院としての特色、また、総合内科との連携・コンサルテーションを行っている神経内科診療の特色があります。興味がある方は、ご連絡下さい。見学も随時お待ちしております。

神経内科サイト

http://site-1433415-7213-9481.strikingly.com/

 

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら