トップ>受診される方へ>診療科のご案内>消化器病センター

消化器病センター

レベルの高い医療、かつ患者さんに信頼され親しまれる医療を提供する。
24時間365日消化器疾患の救急医療に迅速に対応する。

消化器病センター特設サイトへ

センター長 賀古 眞


■略歴
昭和45年東京大学医学部卒
元帝京大学第4内科主任教授
元社会保険都南総合病院院長
元府中恵仁会病院院長
■所属学会
日本肝臓学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本内科学会認定内科医

スタッフ

部長 小泉 一也


■略歴
平成12年 旭川医科大学卒業
旭川医科大学血液消化器腫瘍内科助教
国際医療福祉大学病院消化器内科講師

■所属学会
日本消化器内視鏡学会学術評議員
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
日本消化器病学会関東支部評議員
日本胆道学会指導医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本内科学会認定内科医
がん治療認定医
日本膵臓学会
日本肝臓学会
日本超音波学会
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本消化器がん検診学会

部長 江頭 秀人


■略歴
平成8年 福岡大学卒
平成15年 福岡大学 大学院卒
福岡大学筑紫病院
癌研究会附属病院
東京都立駒込病院

 

■所属学会
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会
   ― 消化器病専門医
 ― 学会評議員
日本消化器内視鏡学会
 ― 消化器内視鏡専門医・指導医
 ― 学術評議員
日本食道学会
 ― 食道科認定医
 ― 評議員
日本がん治療認定医機構
 ― がん治療認定医
日本消化管学会
 ― 胃腸科専門医・指導医
 ― 代議員
日本胃癌学会
 

医長 佐々木 亜希子


■略歴
平成17年 滋賀医科大学卒
東京大学付属病院初期研修
湘南鎌倉総合病院後期研修

■所属学会
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会
 ― 胃腸科指導医
日本家族性腫瘍学会

医長 増田 作栄


■略歴
平成21年 昭和大学医学部卒
千葉西徳洲会病院 初期研修
茅ヶ崎徳洲会後期研修

■所属学会
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会
日本門脈圧亢進症学会
日本IVR学会

所 晋之助


■略歴
平成22年杏林大学医学部卒
湘南鎌倉総合病院初期研修
■所属学会
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本消化管学会暫定指導医
H. pylori (ピロリ菌)感染症認定医
日本消化器内視鏡学会

市田 親正


■略歴
平成24年湘南鎌倉総合病院初期研修
平成28年湘南鎌倉総合病院
内科チーフレジデント

■所属学会
日本内科学会認定内科医
日本消化器学会暫定指導医
日本消化器内視鏡学会
日本消化管学会

成 志弦(SUNG JI-HYUN)


■略歴
平成26年 岐阜大学医学部卒
平成26年 湘南鎌倉総合病院初期研修医
平成28年 湘南鎌倉総合病院消化器病センター
■所属学会
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

田澤 智彦


■略歴
2015年3月 獨協医科大学医学部医学科 卒業
2015年4月 湘南鎌倉総合病院 初期研修 入職
2017年3月 湘南鎌倉総合病院 初期研修 修了
2017年4月 湘南鎌倉総合病院 後期研修センター消化器病センター所属
■所属学会
日本内科学会
日本消化器病学会
日本内視鏡学会

非常勤医 金原 猛


■略歴
平成5年 浜松医科大学卒
■所属学会
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器病学会指導医
日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医
日本消化器内視鏡学会

非常勤医 魚嶋 晴紀


■略歴
平成18年 旭川医科大学医学部卒
茅ヶ崎徳洲会総合病院
初期研修・後期研修
(H22年度チーフレジデント)
■所属学会
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会
日本消化器内視鏡学会
日本腹部救急学会
日本門脈圧亢進症学会

組織図

施設認定

日本内科学会認定医教育施設

日本消化器病学会専門医認定施設

日本肝臓学会認定施設

日本消化器内視鏡学会認定専門医指導施設

日本胆道学会認定研修施設

日本がん治療認定機構認定研修施設

日本消化管学会胃腸科指導施設

運営ブログ・サイト

消化器病センターサイト

概要

消化器病センターは従来の消化器内科とH21年に開設された肝胆膵疾患治療センターを統合し,消化管疾患、肝胆膵疾患を総合的に診断・治療することを目的にH25年4月に設立されました. 基本姿勢は365日24時間、消化管(胃、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓疾患の患者さんを対象に、患者さんに則した高度な医療を提供することであり、外科、救急部、IVRセンター、放射線科、オンコロジーセンター、総合内科と密に連携をとりつつ、患者さんに対して最善をつくすことを目標としております。

実績 - 2016年度

入院患者数 1,546
外来患者数 20,583
上部内視鏡検査 8,912
下部内視鏡検査 4,542
内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP) 472
胃食道静脈瘤治療 39
肝嚢胞穿刺術 18
肝がん経肝動脈化学塞栓術(TACE) 62
肝がんラジオ波焼灼療法(RFA) 27
経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD) 29
バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO) 7
血管塞栓術(止血術) 21
慢性C型肝炎インターフェロン治療IFN 3剤併用療法 1
内視鏡的超音波検査(EUS) 266
内視鏡的ポリペクトミー/内視鏡的粘膜切除術(EMR) 1,244
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 231
内視鏡的止血術 337
内視鏡的拡張術 77
内視鏡的異物除去 241
内視鏡的ステント留置術 283
内視鏡的胃瘻造設術(PEG) 34

特徴

当センターには次のような特徴があります。

消化器病疾患の救急対応

当院は日本でも有数の救急病院ですので、24時間365日の対応が求められます。当センターは救急部と連携を行い、緊急性が高い内視鏡検査・処置(治療)が必要な疾患(消化管出血や胆管炎など)に対して、常時40床以上の病床を運用して迅速な対応を行ないます。

消化器癌の診断・治療

高度な医療機器を用いた精度の高い診断を行い、内視鏡治療やラジオ波焼灼療法などの内科的癌治療、更には外科(手術)、IVRセンター(血管内治療)、放射線科(放射線治療)、オンコロジーセンター(化学療法)との連携による集学的医療を実践しています。また現在癌センター設立にむけて、癌に対して診療の質をより上げるべく更なる研鑚を行なっています。

個々に即した高度な医療の提供

癌に関わらず消化器疾患全般に対して標準的かつ高度な医療の提供は当然ですが、患者さんの取り巻く環境はそれぞれ異なりますので、可能な限り個々に即した最も有益な医療は何か?を常に考えた医療を実践しています。

総合内科との連携

例えば腹痛といっても原因は様々で、消化器病でないこともあります。このような場合、総合内科と連携をとることで総合的な診断と適切な治療を行なうようにしています。

臨床研究

医学会等での発表は精度の高い診断や質の高い治療技術に基づいたものでなければ認められません。研鑚を重ね質の高い医療を提供するとともに、患者さんの了解の元、今後も国内ばかりでなく海外も含め積極的に臨床研究発表を行っていきます。また、真に有益な医療は何かを探求するために医師主導の臨床研究も積極的に行っていく予定です。

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら