トップ>受診される方へ>診療科のご案内>精神科

精神科

河村 代志也

精神科部長、精神科コンサルテーション・リエゾン担当

名古屋市出身、東京大学工学部物理工学科卒業、大阪大学医学部(学士入学)卒業、
東京大学大学院医学系研究科修了、ジョンズ・ホプキンス大学留学
東京大学分院神経科研修医・医員、横須賀共済病院精神科部長、
東京大学病院精神神経科副病棟医長、栄聖仁会病院院長などを経て、
2015年より湘南鎌倉総合病院精神科部長

精神保健指定医、精神保健判定医、臨床研修指導医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、日本サイコオンコロジー学会認定登録精神腫瘍医、日本医師会認定産業医、日本精神科産業医協会認定会員、認知症サポート医、日本総合病院精神医学会評議員、医学博士

概要

入院診療について

湘南鎌倉総合病院にからだの病気のため入院する患者さま、入院している患者さま、および、入院した患者さまに合併しているこころの病気の治療を、からだの診療科とチーム連携して対応いたします。また、自殺企図後の外傷、がんなど、からだの治療のため入院した患者さまやご家族さまへのこころのケアの援助もしております。なお、湘南鎌倉総合病院に現在は精神科の病棟がございませんので、こころの病気の治療を目的とした入院をお受けすることができません。

外来診療について

現在は院内紹介患者さまの診察に対応しており、院外からの治療申込みは受けつけておりません。

診療内容

主に、他の科に入院中の患者さまの脳とこころの病気(不眠症、不安症、適応障害、うつ病、躁うつ病、統合失調症、認知症、発達障害、せん妄など)に対し、精神療法、薬物療法、心理検査を、精神科コンサルテーション・リエゾン治療として実施しております。湘南鎌倉総合病院を退院後は、精神科治療が切れ目なく継続されますように、かかりつけ医への診療情報提供や近医精神科クリニック等へのご紹介を行っています。

スタッフ

なし(2015年12月に精神科勤務医が3名から1名となり、精神科外来診療は終了いたしました。)

診療実績

  2016年 2017年
コンサルテーション・リエゾン依頼患者数 (M:F) 228
(104:124)
227
(104:123)
平均年齢 (年齢幅) 62.1
(15~101)
60.1
(13~96)
自殺企図患者数 51 53
移植前スクリーニング患者数 19 20
のべ診察回数 942 616
診療情報提供数 172 123
依頼元 総合内科 83 73
神経内科 0 0
糖尿病内分泌内科 0 0
腎免疫血管内科
血液浄化センター
腎移植外科
32 43
泌尿器科 0 0
フット外来 0 0
血液内科 0 14
呼吸器内科 10 4
睡眠時無呼吸外来 0 0
消化器病センター 10 6
リウマチ科・漢方外来 0 0
心療内科 0 0
循環器科 1 8
脳卒中診療科 6 1
外科 32 34
外傷整形外科 20 19
乳腺外科 0 0
呼吸器外科 1 0
肝胆膵外科 0 0
胸壁外科 0 0
心臓血管外科・大動脈センター 1 2
脳神経外科・脊椎脊髄センター 4 11
形成外科・美容外科・皮膚科 2 0
産婦人科・お産センター 5 5
小児科 0 0
耳鼻咽喉科 0 0
眼科 0 0
オンコロジーセンター 0 0
健康管理センター 0 0
放射線科・診断科・腫瘍科 0 0
IVRセンター 0 0
人工膝関節センター 0 0
麻酔科 0 0
訪問科 0 0
救急総合診療科 19 6
その他 2 1
退院後 自宅 127 114
実家 3 3
転院 60 76
施設入所 18 14
簡易宿泊所 1 2
刑務所 1 0
身体病死亡 17 18
自殺死亡 1 0
ICD-10診断 F0:症状性を含む器質性精神障害 65 80
F1:精神作用物質使用による精神および行動の障害 28 28
F2:統合失調症、統合失調型障害、および妄想性障害 24 36
F3:気分障害
(双極性障害)
39
(17)
45
(25)
F4:神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害 48 46
F5:生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群(睡眠障害など) 12 9
F6:成人の人格および行動の障害 6 7
F7:精神遅滞 6 2
F8:心理的発達の障害 4 3
F9:小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害 1 1
G40:てんかん 6 1

ICD-10診断分類

ICD-10診断分類

学会発表(2010年以降)        

1)Oxytocin receptor遺伝子多型は勤労者の子ども虐待リスクと関わる.第 17 回日本精神・行動遺伝医学会,大坂,2010 (筆頭発表)
2) 両親の年齢と生殖補助医療は自閉症のリスクとなるか.第 17 回日本精神・行動遺伝医学会,大阪,2010
3)パニック障害をゲノムで解明する.文部科学省科学研究費特定領域研究「応用ゲノム」主催 ゲノム情報がもたらす医療の革新,東京,2010
4)Advanced parental age and assisted reproductive technology as the risk for autism. The 2nd Center of Education and Research for Chemical Biology of the Diseases, Kanagawa, 2010
5)A genome-wide CNV association study on panic disorder in a Japanese population. XVIII World Congress on Psychiatric Genetics, Athens, 2010 (筆頭発表)
6)Preliminary genome-wide association study of autism in the Japanese population. XVIII World Congress on Psychiatric Genetics, Athens, 2010
7)A genome-wide CNV association study on panic disorder in a Japanese population. The 3rd Center of Education and Research for Chemical Biology of the Diseases, Chiba, 2010 (筆頭発表)
8)Preliminary Genome-Wide Association Study of Autism in the Japanese Population. The 3rd Center of Education and Research for Chemical Biology of the Diseases, Chiba, 2010
9)Association between the oxytocin receptor gene (OXTR) and amygdalar volume in healthy adults. Neuro2010, Kobe, 2010
10)Casein Kinase 2と統合失調症の遺伝学的関連. 第33回日本生物学的精神医学会年会, 東京, 2011
11)統合失調症とCD200遺伝子との関連研究. 第33回日本生物学的精神医学会年会, 東京,2011
12)Association analysis of Casein kinase2 with Schizophrenia in the Japanese Population. 12th International Congress of Human Genetics, Montreal, 2011
13)The SNP and haplotype analysis of CD200 gene with schizophrenia in a Japanese population. 12th International Congress of Human Genetics, Montreal, 2011
14)16p11.2領域のcommon CNVは日本人パニック障害に関連する.第4回日本不安障害学会,東京,2012 (筆頭発表)
15)患者用Panic and Agoraphobia Scale (PAS) 日本語版開発.第4回日本不安障害学会学術大会,東京,2012
16)Genetic Association Analysis between Glycine Cleavage System and Schizophrenia. 62nd American Society of Human Genetics Annual Meeting, San Francisco, 2012
17)Association analysis of GLDC with schizophrenia in the Japanese population. 1st BESETO International Psychiatry Conference, Seoul, 2012
18)OXSR1遺伝子及びWNK3遺伝子と統合失調症との関連研究.第34回日本生物学的精神医学会,神戸,2012
19)CD200遺伝子と統合失調症との関連研究.第34回日本生物学的精神医学会,神戸,2012
20)Meta-analysis of genome-wide association studies for panic disorder in the Japanese population. XX World Congress on Psychiatric Genetics, Hamburg, 2012
21)Copy-number variations analysis in the Japanese autism spectrum disorder patients. 日本人類遺伝学会第57回大会,東京,2012
22)DNA polymorphism in the FKBP5 gene affects impulsivity in intertemporal choice. 15th Pacific Rim College of Psychiatrists Scientific Meeting, Seoul, 2012 (筆頭発表)
23)日本人サンプルを用いたパニック障害の全ゲノム関連解析.第5回日本不安障害学会学術大会,札幌,2013
24)Genome-wide gene-environment study identifies Regulator of G-protein signaling-10 as a susceptibility gene for depression via stressful life events. XXI World Congress on Psychiatric Genetics, Boston, 2013
25)Implications of oxytocin receptor gene polymorphisms for autistic spectrum disorder, traits, and brain volumes.第34回日本生物学的精神医学会,神戸,2012 (単独発表)
26)不安障害の全ゲノム関連解析:パニック障害を中心に.第34回日本生物学的精神医学会,神戸,2012
27)Variation in the DRD2 gene affects impulsivity in intertemporal choice. 8th European Congress on Violence in Clinical Psychiatry, Ghent, 2013 (筆頭発表)
28)NCKAP5、SPRED1、CRATにおける一般的な変異体はHLA-DQB1*06:02陰性の本態性睡眠過剰症の感受性と関連している.日本睡眠学会第38回定期学術集会,秋田,2013
29)RGS10遺伝子はストレスライフイベントとの交互作用を通じてうつ状態のリスクに関与する.第6回日本不安障害学会学術大会,東京,2014
30)統合失調症病態におけるNMDA受容体スイッチング制御因子の遺伝学的検討.第36回日本生物学的精神医学会年会,奈良,2014
31)Evaluating detected rare variants of glycine cleavage system genes in schizophrenia with metabolomic profilings. XXII World Congress on Psychiatric Genetics, Copenhagen, 2014
32)全ゲノムメチル化解析によるうつ状態の感受性遺伝子探索.第37回日本生物学的精神医学会年会,東京,2015
33)双極性障害患者で見出されたセロトニントランスポーター高メチル化CpG部位の機能解析.第37回日本生物学的精神医学会年会,東京,2015
34)Genome-wide methylation analysis of depression in the Japanese population. XXIII World Congress on Psychiatric Genetics, Toronto, 2015
35)earch for new susceptibility genetic factor associated with panic disorder-pathway analyses based on genome-wide association study-. American Society of Human Genetics Annual Meeting, Baltimore, 2015
36)全ゲノムメチル化解析によるパニック障害感受性遺伝子の探索.日本人類遺伝学会第60回大会,東京,2015
37)Hypermethylation of SLC6A4 promoter in bipolar disorder and schizophrenia suppresses its expression. XXIII World Congress on Psychiatric Genetics, Toronto, 2015
38)精神疾患患者で見出されたセロトニントランスポーター高メチル化CpG部位の機能解析.第11回日本統合失調症学会,前橋,2016
39)Hypermethylation of SLC6A4 promoter in psychiatric disorders and its effect on gene expression. 30th CINP World Congress, Seoul, 2016
40)阪神淡路,東日本大震災での支援者反応の経験.S1総合病院精神科をとりまく被災地支援の現状と今後の課題.第29回日本総合病院精神医学会学術総会,東京,2016 (単独発表)
41)平成29年日本総合病院精神医学会福島県浜通り地域(沿岸部)支援報告.第30回日本総合病院精神医学会総会,富山,2017
 

論文発表(2010年以降)

1)Replication of a genome-wide association study of panic disorder in a Japanese population. J Hum Genet 55:91-96, 2010
2)Association of the oxytocin receptor (OXTR) gene polymorphisms with autism spectrum disorder (ASD) in the Japanese population. J Hum Genet 55:137-141, 2010
3)Six-year stability of affective temperaments as measured by TEMPS-A. Psychopathology 43:240-247, 2010 (筆頭著者)
4)Association between oxytocin receptor gene (OXTR) polymorphisms and affective temperaments as measured by TEMPS-A. J Affect Disord 127:31-37, 2010 (筆頭著者)
5)Association between the oxytocin receptor gene (OXTR) and amygdalar volume in healthy adults. Biol Psychiatry 68:1066-1072, 2010
6)Meta-analysis of genome-wide association scans for genetic susceptibility to endometriosis in Japanese population. J Hum Genet 55:816-821, 2010
7)Quadri-pulse stimulation (QPS) induced LTP/LTD was not affected by Val66Met polymorphism in the brain-derived neurotrophic factor (BDNF) gene. Neurosci Lett 487:264-267, 2011
8)Association study of PDE4B with panic disorder in the Japanese population. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 35:545-549, 2011
9)Association between oxytocin receptor gene polymorphisms and autistic traits as measured by the Autism-Spectrum Quotient in a non-clinical Japanese population. Asia Pac Psychiatry 3:128-136, 2011 (筆頭著者)
10)An association analysis of Per2 with panic disorder in the Japanese population. J Hum Genet 56:748-750, 2011
11)Reply to "Neurogenetic effects of OXTR rs2254298 in the extended limbic system of healthy Caucasian adults". Biol Psychiatry 70:e41-e42, 2011
12)休ませられるとき,そうでないときで治療法はどう変わるか? 精神科 19:452-456,2011 (単独著者)
13)A genome-wide CNV association study on panic disorder in a Japanese population. J Hum Genet 56: 852-856, 2011 (筆頭著者)
14)阪神大震災および東日本大震災における精神医療支援の経験.総合病院精神医学 23:152-159,2011 (筆頭著者)
15)大震災における被災者反応と支援者反応.外来精神医療 12:20-23,2012 (筆頭著者)
16)Meta-analysis identifies nine new loci associated with rheumatoid arthritis in the Japanese population. Net Genet 44:511-516, 2012
17)復職準備性評価シート(Psychiatric Rework  Readiness Scale; PRRS)の評価者間信頼性,内的整合性,予測妥当性の検討.精神科治療学 27:655-667,2012
18)Common variants on chromosome 9p21 are associated with normal tension glaucoma. PLoS One 7:e40107, 2012
19)Replication and meta-analysis of TMEM132D gene variants in panic disorder. Transl Psychiatry 2:e156, 2012
20)Meta-analysis of genome-wide association studies for panic disorder in the Japanese population. Transl Psychiatry 2 e186, 2012
21)DNA polymorphism in the FKBP5 gene affects impulsivity in intertemporal choice. Asia Pac Psychiatry 5:31-38, 2013 (筆頭著者)
22)Variation in the DRD2 gene affects impulsivity in intertemporal choice. OJPsych 3:26-31, 2013 (筆頭著者)
23)Genome-wide association study of HLA-DQB1*06:02 negative essential hypersomnia. PeerJ 1:e66, 2013
24)Genome-Wide Association Study of Atypical Psychosis. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet 162:679-686, 2013
25)Evidence for shared genetic risk between methamphetamine-induced psychosis and schizophrenia. Neuropsychopharmacology 38:1864-1870, 2013
26)軽症双極性障害に対する治療のあり方.精神科治療学 28:853-860,2013 (筆頭著者)
27)DNA methylation analysis of BDNF gene promoters in peripheral blood cells of schizophrenia patients. Neurosci Res 77:208-214, 2013
28)Neural correlate of autistic-like traits and a common allele in the oxytocin receptor gene. Soc Cogn Affect Neurosci 10:1443-1450, 2014
29)Genetic overlap between antipsychotic response and susceptibility to schizophrenia. J Clin Psychopharmacol 35:85-88, 2015
30)Immune-related pathways including HLA-DRB1(*)13:02 are associated with panic disorder. Brain Behav Immun 46:96-103, 2015
31)A polymorphism in CCR1/CCR3 is associated with narcolepsy. Brain Behav Immun 49:148-155, 2015
32)Analysis of SLITRK1 in Japanese patients with Tourette syndrome using a next generation sequencer. Psychiatr Genet 25:256-258, 2015
33)Genome-wide Association Study of Autism Spectrum Disorder in the East Asian Populations. Autism Res 9:340-349, 2016
34)Candidate Genes in Panic Disorder: Meta-Analyses of 23 Common Variants in Major Anxiogenic Pathways. Mol Psychiatry 21:665-679, 2016
35)Evaluation of polygenic risks for narcolepsy and essential hypersomnia. J Hum Genet 61:873-878, 2016
36)The first pilot genome-wide gene-environment study of depression in the Japanese population. PLoS One 11:e0160823, 2016
37)Polymorphisms in the TMEM132D region are associated with panic disorder in HLA-DRB1*13:02-negative individuals of a Japanese population. Hum Genome Var 2016, doi: 10.1038/hgv.2016.1
38)Association between telomere length and risk of cancer and non-neoplastic diseases: Mendelian randomization study. JAMA Oncol 3:636-651, 2017
39)Epigenome-wide association study of DNA methylation in panic disorder. Clin Epigenetics 9:6, 2017
40)Mutations of the Glycine Cleavage System Genes Possibly Affect the Negative Symptoms of Schizophrenia through Metabolomic Profile Changes. Psychiatry Clin Neurosci, 2017, doi: 10.1111/pcn.12628
41)An epigenome-wide methylation study of healthy individuals with or without depressive symptoms. J Hum Genet 2018, doi: 10.1038/s10038-017-0382-y
42)Novel rare variations in genes that regulate developmental change in N-methyl-D-aspartate receptor in patients with schizophrenia. Hum Genome Var, 2018, doi:10.1038/hgv.2017.56
43)DNA methylation analyses of the candidate genes identified by a methylome-wide association study revealed common epigenetic alterations in schizophrenia and bipolar disorder. Psychiatry Clin Neurosci, 2018, doi: 10.1111/pcn.12645
 

出版(2010年以降)

1)精神疾患と治療薬;精神疾患.疾患と治療薬(改訂第6版),南江堂,東京,2010 (共著)
2)心理教室;散らかった悩みを片付ける!心を整理するヒント. PHPムック「片づけ」革命,PHP研究所,東京,2010
3)患者の選択.グループサイコセラピー;理論と実践,西村書店,東京,2012 (共訳)
4)心理教室;散らかった悩みを片付ける!心を整理するヒント.歴史街道3月増刊号,PHP研究所,東京,2014
5)手放して、軽くなる生き方;小さな「わくわく」を集めてストレスを上手に手放そう.清流6月号,清流出版,東京, 2014
6)職場復帰後フォローアップノート.ヒューマン・フロンティア,東京,2017 (監修)

講演(2010年以降)

1)EPDSの意義と活用及び産後うつ病の理解と支援について.横須賀市役所,平成21年度母子学術研修会,横須賀,2010
2)産後うつ病の理解とEPDSの活用法.藤沢市役所,平成21年度藤沢市こんにちは赤ちゃん事業ハローベビィ訪問員研修会,藤沢,2010
3)乳幼児全戸訪問のケースの検討.藤沢市役所,平成22年度藤沢市こんにちは赤ちゃん事業ハローベビィ訪問員研修会,藤沢,2011
4)「難治性」気分障害・統合失調症への治療チャレンジ.日本イーライリリー,MR研修会,横浜,2011
5)乳幼児全戸訪問で出会う母親の精神障害の理解.藤沢市役所,平成23年度藤沢市こんにちは赤ちゃん事業ハローベビィ訪問員研修会,藤沢,2012
6)乳幼児全戸訪問で出会う母親の事例検討.藤沢市役所,平成23年度藤沢市こんにちは赤ちゃん事業ハローベビィ訪問員研修会,藤沢,2012
7)周産期における精神疾患の理解と事例検討.藤沢市役所,平成24年度藤沢市こんにちは赤ちゃん事業ハローベビィ訪問員研修会,藤沢,2013
8)認知症の理解と認知症の人との接し方.横浜市役所,平成27年度認知症キャラバン・メイト養成研修会,横浜,2015
9)それってうつ? それとも躁うつ?.藤沢市役所,平成28年度うつ病当事者・家族支援セミナー,藤沢,2016
10)①短期療法,②気分障害TOPICS.ヒューマン・フロンティア,カウンセラー研修会,東京,2017
11)気持ちのつらさ,せん妄,コミュニケーション.湘南藤沢徳洲会病院,第1回湘南藤沢徳洲会病院緩和ケア研修会,藤沢,2017
12)正しいうつ病の治療.藤沢市役所,平成29年度うつ病当事者・家族支援セミナー,藤沢,2017
13)気持ちのつらさ,せん妄.湘南鎌倉総合病院,第11回湘南鎌倉総合病院緩和ケア研修会,鎌倉,2017
14)気持ちのつらさ,せん妄.湘南鎌倉総合病院,第12回湘南鎌倉総合病院緩和ケア研修会,鎌倉,2018
15)サイコオンコロジー~気持ちのつらさ~.ヒューマン・フロンティア,カウンセラー研修会,東京,2018

座長(2010年以降)

1)精神障害と不安臨床.第6回日本不安障害学会学術大会,東京,2014

受賞(2010年以降)

1)東日本大震災精神科医派遣プロジェクト 第1次計画:福島県浜通り地域(沿岸部)支援.第2回黒澤賞,日本総合病院精神医学会,東京,2012

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら