トップ>受診される方へ>診療科のご案内>腎臓病総合医療センター

腎臓病総合医療センター

腎臓病にならない・腎臓病を進めない・腎臓病で命を落とさない

総合的腎臓病医療センターのご紹介

腎臓病総合医療センター長 院長代行 小林修三

小林修三のウェブサイトへ

「腎臓病にならない・腎臓病を早期に発見する・腎臓病を進めない・腎臓病で命を落とさない」をモットーに日々診療に励んでいます。

腎臓病教室も定期的に院内で開催するとともに地域に出て多くの方々に腎臓のお話をして早期発見の重要性を訴え続けています。

こうしたことから、今では慢性腎炎は改善するという強いメッセージを皆様に送ることが出来るようになりました。

糖尿病から生じた腎臓病の進展も最近ではずいぶん抑えられるようになりました。

何より尿検査が大切です。採血による一般的な検査(クレアチニン)に加えて是非とも尿検査をお受け頂くための病診連携を地域で実施しています。

私たちの腎疾患医療は血液透析(HD)や腹膜透析(PD)は言うまでもなく、何より透析に至らせない医療を1999年以来腎機能改善外来として積極的に展開してきました。

生活重視のPD医療は日本でもその患者数や体制整備の点から優れた医療施設のひとつとなり、現在70名の方々が看護師・栄養士を交えたチームとして医療を展開しSK-MDT(Shonan Kamakura multi-disciplinary team approach)として知られています。HD医療については約200名近い患者さんが治療をお受けになっています。いずれの方々にも「その人の生き様に沿った治療」を提供することをモットーとしています。

透析を施行しているが故の困難な外科系の治療を行うため、他院透析施設からの紹介も多く、常時30人ほどの患者さんが当院で透析を受けながら合併症治療を受けておられます。腎センターの医師は常に他の診療科の医師のサポートを積極的に行っています。様々な疾患のアフェレーシス治療の実績も数多く、多くの臨床工学士が活躍しています。

しかし、大変残念なことに腎移植への参入が遅れていました。2012年12月21日当院でははじめての腎移植が行われました。ここに、新たな腎疾患総合医療への一歩を踏み始めました。

高齢化に伴い前立腺疾患は増加し、癌による死亡も大きな問題となっています。腎と尿路、特にこの前立腺疾患も加えて腎泌尿器系の疾患として捉える重要性を取り入れました。

こうした経緯から、腎泌尿器系の総合医療を内科医と外科医が一致団結し、患者さんのためになる無駄のない安全で最高の医療を提供すべく組織の改編を行いました。

2012年4月1日これまでの腎免疫血管内科(腎内)と血液浄化部(透析)、腎移植外科を統合して上記センターを立ち上げ、2013年4月1日には泌尿器科も加え、ここに4科を含めた腎臓病総合医療センターができあがりました。

今後とも皆様のご支援ご協力を得て、さらなる努力を行っていく所存ですので宜しくお願い申し上げます。

組織図

診療科のご案内へ戻る

TOP

受付時間

受診科により、診療日・診療時間は異なります。
詳しくは、下記診療担当表をご確認ください。


日曜・祝日は休診です。

救急は24時間365日受付けています。

診療担当表はこちら

お問い合わせ

TEL 0467-46-1717

FAX 0467-45-0190

メール
お問い合わせはこちら